読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nikoichixのブログ

新聞やテレビ、本を見て思ったことを綴っています。書いてみたらこんな展開になるとは思わなかった。まいっか。

朝日と日経で事故の起因者が異なる―首都高速の観光バス玉突き衝突-伝聞調にご用心

新聞を整理しながら読んでみたらオヤッと思った。(こんなことしてるから中々片付かない)

 

2014年(平成26年)11月8日 夕刊 朝日新聞1面9面、 日本経済新聞9面(社会面)より

 

事故の経緯

8日午前8時40分ごろ、東京都板橋区仲宿の首都高速5号線上りの板橋ジャンクション付近で観光バス3台とバイク1台が絡む事故が起きた。

バスに乗っていた子供23人を含む乗客48人が病院に搬送された。

バイクにバスが追突し、後続のバス2台も玉突き事故を起こした。観光バスには計89人が乗っていた。

 

事故原因の記述

朝日新聞バイクに追突したバスの運転手は「バイクが急に減速したので、ブレーキが間に合わなかった」。バイクの男性は「道を間違えたので減速した」とそれぞれ話しているという。  ……という バス、バイク双方の運転者のコメントが伝聞です。誰に聞いたのでしょうか。

事故の原因は減速したバイクにバスが追突したことになるのでバス運転手の過失ということになります。

 

日本経済新聞:バスの運転手は「前にバイクが入ってきて急ブレーキをかけたが衝突した。」

と話しているという。 ……バイクの割り込みだと言っています。こちらもバスの運転手のコメントについては伝聞です。

バイクの男性は警視庁の調べに「道を間違えたことに気付いて分岐の手前で進路を変更したと説明」……警視庁に取材してバス運転手のコメントの裏を取っています。

事故の原因はバイクの割り込みにあるのでバス運転手の過失割合は減免されます。

 

事故の原因を起こしたのは

朝日:バスの運転手    日経:バイクの運転者

 

取材先:バス運転手のコメント

朝日:伝聞    日経:伝聞   (伝聞…記事からは発言者が特定できない。)    

 

取材先:バイク運転者のコメント

朝日:伝聞    日経:警視庁

 

記事の結び

日経:警視庁はバイクが進路を急に変更したことが事故につながったとみて詳しい状況を調べている。現場付近は…中略…通行止めとなった。   

…事故の原因に関心が向いています→読んだ感想「急な車線変更は危ないな」

 

朝日:事故直後は泣いている子供もいたが、保護者が落ち着かせるなどしたため目立った混乱はなかったという。現場付近は…中略…通行止めとなった。 

…子供の安否に関心。→読んだ感想「子供がかわいそう、バス運転手はちゃんと前見てろ」

 

双方の運転者は病院で治療中だから直接取材することは無理だったと思うが、取材者・編集者によって事故の起因者が変わるって怖!

 

記事文中に「…という。」伝聞調があったら書いてあることは事実という判断は保留にした方がいい。

 

それではまた。