読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nikoichixのブログ

新聞やテレビ、本を見て思ったことを綴っています。書いてみたらこんな展開になるとは思わなかった。まいっか。

男も女も男にノーの東京都知事選挙―石原元都知事の逆襲

社会 政治

東京都知事選結果

 

2912628票 小池百合子  自民の一部応援

1793453  増田 寛也  自民 公明 日本のこころ 推薦

1346103  鳥越俊太郎  民進 共産 社民 生活 推薦

 

2位に100万票以上の差をつけての大勝です。女性票だけではこんなに差はつきません。

男性票も男にノーをつきつけたのです。

 

タカ派故に嫌う人がいる一方で強い支持を得るところは石原元都知事に似ています。

 政党が推薦する候補は真面目でいい人そう、伏魔殿に取り込まれるのではないか。

正直に正面衝突して刀折れ矢つきて時間切れになり任期も全うできないのではないか。

そんな不安を払拭させる迫力に欠ける。

 

待機児童問題で誰もがキレイ事を言う。しかし男は切実さがわからないんじゃないか。

定員割れ大学に補助金を注いで、保育園に予算を注がなかった教育福祉行政。

 

都知事選挙なのに憲法改正阻止とか国政のことを言う。

男はもう先天的にわからないんじゃないか と疑われた。

☆★☆

自由民主党東京都支部連合会 石原伸晃会長、内田茂幹事長 連名で命令書

 

自民党推薦候補以外を応援した議員(親族含む)は除名処分

そこまでやるか、そんなに小池候補が脅威なのか。

これでは自民東京都連は小池候補が脅威ですとPRしてるようなものではないか。

締め付けだ、感じ悪い、と反発を受ける。

「憎しみだけは買わないよう注意すべきである。なぜなら憎悪ほど、あらゆる種類のリーダーにとって、害あって益ないものはないからである。」

「ある人物が、賢明で思慮に富む人物であることを実証する材料の一つは、たとえ言葉だけであっても他者を脅迫したり侮辱したりしないことであると言ってよい。」

マキャベリ 政略論)

☆★☆

増田陣営で違和感を放つ 石原慎太郎東京都知事

 1999年の石原都知事が初当選した選挙で自民党森喜朗元首相の下 明石康 元国連事務次長を推薦しました。

石原元知事の対立候補を応援したのです。

選挙の結果は

石原慎太郎 1664558票 自民党の一部応援

鳩山 邦夫  851130 民主党 生活者ネット 改革クラブ 推薦

舛添 要一  836104 自民党都連の一部推薦

明石 康   690308 自民党本部、公明党推薦

 

自民党所属なのに自民党本部の応援を受けることができなかったという境遇がそっくりです。

森元首相の下で自民党が対立候補を応援するという構図もそっくりです。

嫌われる一方で強い支持を得るところも似ています。 

石原慎太郎氏も小池百合子氏も所謂(いわゆる)タカ派です。

増田氏 鳥越氏はハト派です。

 

それなのにどうして増田陣営にいるのか?

長男の伸晃氏が都連の会長だからか、人聞きの悪い言い方をすれば息子を人質に取られているような状態だから参加したのか。

☆★☆

「大年増の厚化粧の女にはまかせておけない」

83歳の人が64歳の人に「大年増」と言う。思わず吹き出してしまいました。

大阪であったら「あんたこそいくつや」とつっ込まれてお笑いになってしまうのではないか。

京都なら「自分の年を考えなはれ、いややわ」とあしらわれて終わるのではないか。

東京だから真正面から捉えて紛糾する。そこまで読んだのか。

 世間一般では差別的な中傷だと聴衆の怒りを買った。小池候補に追い風になった。

狙ってやったんじゃなかろうか。

親子ほど年の離れた相手を子供扱いせずに年増呼ばわりする。なんて素直ではない敬意の払い方なのでしょう。

☆★☆

http://www.asagei.com/excerpt/62458

二男の良純氏は7月13日放映 フジテレビの番組バイキングで鳥越氏支持の発言。

親父と弟にサンドイッチ状態の伸晃氏。父親強権の家庭だったのになんて自由な石原家。

 

http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160803/k00/00m/010/042000c 

石原伸晃経済再生担当大臣は8月2日に元総務大臣 増田寛也氏が東京都知事選挙で落選した責任を取って東京都連会長を辞任する意向を固めた。近く都連に辞表を提出する見通しだ。」

人質解放か。(なんて人聞きの悪い)

人質をとっても無駄、食えない親父だ。

☆★☆

やりたいことではなく、必要なことをする時間しか残されていない。

 ごたごた続きの結果、東京オリンピックまであと4年、小池新知事にも都議会にも都庁にも国にも政争で足を引っ張り合っている時間はなくなりました。

 

やりたいことをやろうとすると足を引っ張られます。

やりたいことに反対することが即、悪とは限らない。

 

必要なこと(やらなくてはならないこと)に反対すると悪者にされます。

必要なことだと世間で認識されると足を引っ張り難くなります。

 

「人間というものは必要に迫られなければ善を行わないようにできている。」(マキャベリ 政略論)

☆★☆

蓮舫氏は出馬しなくて正解だった。

 当初 民進党蓮舫氏を都知事選に担ぎ出そうとしました。

出馬したら 小池百合子VS蓮舫 女性対決、首都マドンナ決戦(古っ)とメディアが煽りたてます。

両氏とも五輪予算にメスを入れる構えですから争点にならない。

争点がボケる。

2人で潰し合いをしてくれた方が利権側にとっては都合がいい。

担ぎ出そうとした人たちはそういうことがわからなかったのでしょうか。

政治倫理とか言っているのに。

☆★☆

古い自民党みたいな野党共闘

 

後出しジャンケンみたいに公示の2日前に鳥越氏を擁立。

先に出るのは不利、他の陣営の動向を見てから最後に出すのが有利。

野党共闘実現のために宇都宮氏は辞退、2人とも出ればいい。昔の自民党の派閥間調整みたい。

☆★☆

候補は小池氏

推薦は増田氏と鳥越氏

自分で手を挙げた人と舛添知事を辞めさせてから泥縄で担ぎあげられた人。

どうして後者に期待を集められると考えるのかエライ人の考えることはわかりません。

☆★☆

不文律の公約は任期を全うすること。

都知事の任期途中での辞任が相次いでうんざりです。

どんな抵抗にあっても、スキャンダルに見舞われても(失礼)ビル・クリントン米国大統領(1992~2000年)のようにしたたかに任期を全うしてほしいと願う次第です。

 

それではまた。

 

 

石原家の人びと

石原家の人びと

 

 

 

nikoichix.hatenablog.com

 

 

nikoichix.hatenablog.com

 

nikoichix.hatenablog.com