nikoichixのブログ

新聞やテレビ、本を見て思ったことを綴っています。書いてみたらこんな展開になるとは思わなかった。まいっか。

多品目がネックになっている紙類の物流ー手を洗った気にさせるアルコール消毒

新型コロナ禍以降は紙類の確保のためにドラッグストアの開店から入荷を待って確保をする度に思う。なんで色んな種類があるんだ?

 

トイレットペーパーだけでも長さ別に12ロール(シングル60m、ダブル30m)、8ロール(シングル90m、ダブル45m)、4ロール(ダブル90m)とあり、ソフトタイプやら香料付きやら種類があって、数を確保するために色んなところに発注かけてるんだろうけど、品出し陳列値付けが大変そう。

(出したそばからすぐ無くなるけど)

12ロールは家庭で嵩張って、お店でも嵩張って数が置けない。トラックでも嵩張って数が運べないではないか。

入荷の台車を見ると段ボールのサイズが様々で載せるの難しそう、他の品目も混載で、回る店の順番を考えてトラックの荷台に載せるのはパズルで時間がかかるから配送にも時間がかかるんだろうなと思った。

 

☆★☆

ティッシュペーパーも150組、160組、180組、香り付きやらウエットタイプやら色んなタイプが段ボールで一箱ずつ入荷して品出しするそばからなくなる。

もちろん段ボールのサイズは様々で配送会社の効率はよくなさそう。

 

キッチンペーパーやら拭き取り紙やらはマスクが入らないからマスクの裏のフィルタの代用で本来の用途以外の需要ですぐ捌ける。

 

開店前に並んでゲットしたお一人様ひとつまでのマスクを買い物かごに入れて他の日用品を物色しているとカゴを覗き込まれて、あっこの人いいな、箱入り60枚入りだって、とか言われて開店前に並んでくださーい。

☆★☆

緊急事態だからトラックに多く積めるようにサイズを統一しましょう、品目を絞って生産しましょうという話にはまだなっていないのかな。

 

消費者の様々なニーズに応えて多様な商品を提供する。

それって平時の話だから。

大多数に文句を言われなさそうな品目に絞って、配送陳列効率がいい品に絞って供給してくれればいいから、それでも文句を言う人がいる?選んでいられる状態じゃないから。

 

それではまた。

 ☆★☆

公衆トイレの勇者

個室からスーツ姿の人が出てきて寸暇を惜しむかのように手を洗わずに出ていく。

えーっ

新型コロナ禍で手洗いが励行されているご時世だから最近は見かけなくなったが、家でも職場でも手を洗わないのだろうか、エンガチョとか言われないのだろうか。

せっかちにも程がある。新型コロナ後の世界では、手を洗わない太郎は今まで通りにはいかずに肩身が狭くなっていって絶滅種になるんじゃないか。

 

今まで意識しなかったが、自分が手を洗う秒数をカウントしたら30秒(これ位やらないと指先の爪の間とかよく洗えないし石鹸が落ちないんだけどなんでみんな速いんだろ)で1日に洗う回数は17回だった。

若い頃、当時の上司に早くしろと言われてもマイペースを守ったら匙を投げられて異動になったのが幸いした。銃撃やら地震やら今すぐ逃げたり隠れたりしなければならない状況でもないのに手を洗う時間くらいで細けーねと思った。

(それだけが理由じゃないと思うけど、そういうあんたも別の意味で細かいよ)

☆★☆

手を洗った気にさせるアルコール消毒

トイレで用を足した後で手を洗わずに申し訳程度にアルコールを手に吹き掛けて出るって意味ねー。

手洗いは20秒という目安が示されたら20秒手に水をかけてアルコールを手に吹き掛けて出る。

それじゃ意味ないんだってば。

どうしてそんなにせっかちなのか、手を洗ったら一生の損みたいに手を洗わないことを貫く。

アルコール消毒したから問題ないと言い訳の道具に使われる。

 

自分が発症しなければ関係ないと言うのか、

それじゃ媒介生物の仲間入りだよ、

洗わない手で備品に触らないでくれー。

電車やバスの手すりやつり革に掴まらないでくれ、トイレに監視カメラを付けるなんて月並みだ、両手をタッチして汚れセンサーで手を洗わなかったら規定オーバーになるように設定してロックが解除されずに執務室に入れないようにすればどうか。

 

どうして仕事が終わっていないのですか。

(執務室に入れなかったからです)

手を洗ってください。

 

(在宅ワークになったら関係ないね)

けど自宅の近所の店の品に触って買わないで帰るのはやめてほしい。

(あんたってモラハラ?)

 

☆★☆

中国人は適応したのではないか

イタリア、スペインが死亡者数で、感染者数でアメリカが中国を抜いて、中国は感染を抑え込んだというが、適応して感染しても症状が出なくなり共生関係になったのではないか。

太極拳とかの習慣でストレスを抑えて免疫を活性化させたのだろうか。

統計が正確ではないと言われているが人口が多すぎて検査しきれないだろう。

(正確に統計を取れたら欧米より死者が多かったなんてことになってなければいいけど)

インフルエンザウイルスに感染されても渡り鳥は病気にならないが、鶏は病気になるように。

(最近は変異して渡り鳥を病気にするウイルスも現れた、宿主を病気にしたら移動や増殖ができなくなるのだから不合理だ、

☆★☆

人間を病気にしない方が合理的だとウイルスを遺伝子操作できないのだろうか。)

(その技術を悪用されたら兵器だから強制力のある罰則が必要だね)

 

都内の1日あたりの陽性反応者が更新を続けて危機的状況というが、ウイルスは土地に馴染んで症状のない感染者はその何倍もいるのではないか。

感染経路不明というのがその顕れではないか、自分も罹るかもしれない、頭が重いと感じたので体温を計ってみたら36,7℃、これでは検査してもらえない。

症状が出てからでは遅いのだが、国民総検査なんて現時点で不可能だから感染経路不明がこれから出続けても不思議ではない。

感染防止が現実的な選択なのか、罹っても発症させない重症化させない対策が要るのではないか。

☆★☆

水虫も梅毒も日本に古来からあったわけではなく外来の感染症だ、新型コロナも日本に帰化したのではないか。

スペイン人が中南米に持ち込んだ(持ち込もうとしたのではなく感染していた)天然痘は現地の人には免疫がなかったためインカ帝国を滅ぼした。

 インフルエンザに感染して鶏が病気になるからと言って病気にならない渡り鳥を駆除する訳にはいかない。生態系にどのような影響を及ぼすかわからない。発症しないすべての人間を排除したらあらゆる職場の業務が止まりかねない。

殲滅、絶滅を目標にするのか、感染しても病気にならない共生を目指すのか。

 

人間は菌やウイルスがなければ生きていけない。

皮膚のバリヤーになったり、消化や栄養分の摂取を助けてくれたり、侵入してきた悪玉菌やウイルスと戦ってくれたり、最新の研究では進化に影響を及ぼしたという説もある。

菌やウイルスも地球の生態系の一部だ、人間に悪さをする一部の菌やウイルスがあるからと言って全ての菌ウイルスを敵視して絶滅させたら人間も生きていけない

 ☆★☆

新型コロナ効果

花粉症、インフルエンザはどうなった?

みんな外出を控え、マスクをし、消毒をしたので、花粉症、インフルエンザにかからなくなった。

 

リモートワークが前倒しで早くしろになり、時期尚早なんて誰も言えなくなった。

ネット会議になったので会議室でそこはかとない存在感を示して空気感威圧感を演出するなんて不可能になった。睨みをきかせようにも発言者の顔がディスプレイ越しに見えるだけ。

鶴のひと声を放ってもハァッ?てなる。

 

 大型イベント誘致に消極的になる

金をかけて人を募集して準備してきたイベントが延期や中止になったら莫大な損害を抱えるかもしれないと消極的になり、リスクヘッジで規模の縮小とか言い出す。

 

危険視されるようになって大勢で密集はゴメン、満員電車に戻りたくない、イベントは親しい内輪だけで小グループ化、友達のそのまた友達でよく知らない人もいて大勢集めるのは自慢にならない。人が集まるなら換気のいい屋外が主流になり、天候に左右されるけど昔に戻ったとも言える。

サプライチェーンに懐疑的になり数を頼りの効率化が近代の正義であったが正義ではなくなる。

ペストが中世を終わらせたように新型コロナも人々の意識を変えて新たなフェーズに移行する契機になったと後世から振り返られる。

菌やウイルスは人類に生物学的医学的のみならず、政治経済にも進化をもたらす。

☆★☆

サプライチェーンに懐疑的になった

 

中国が風邪をひけば(風邪どころではなく新型肺炎)世界が巻き添えになる構図を誰もが意識せざるを得ない状況が顕在化し、安全保障、自給率を意識させる契機になった。

別に今のままでどーでもいいじゃない、騒ぎが収まったらまた同じ日常を繰り返す、そこまでノー天気にはなれないからコロナ前とコロナ後で変わる。

 

それではまた。

 

 

人体常在菌のはなし ―美人は菌でつくられる (集英社新書)
 宇宙戦争 [DVD]

 

宇宙戦争 [DVD]

  • 発売日: 2006/07/07
  • メディア: DVD
 
 
宇宙からの侵略者に人類の科学力では太刀打ちできずに追い詰められていきますが、侵略者(エイリアン)は地球の生態系の一部であるウイルスに感染して全滅。異星人が地球のウイルスに対する免疫を備えてるわけがなかった。新兵器で宇宙人を撃退なんてガキっぽい、地球を外敵から守ったのがウイルスという描かれ方がセンス・オブ・ワンダーだと2005年公開当時に印象を受けた映画でした。