nikoichixのブログ

新聞やテレビ、本を見て思ったことを綴っています。書いてみたらこんな展開になるとは思わなかった。まいっか。

金融引き締めを行うと円安はさらに加速します という逆説

欧米が金利を上げて金利差で円が売られている、ここは歩調を合わせて日本も金融引き締めに動くべきだは正論です。でもそこに落とし穴があります。

☆★☆

欧米の金融引き締めはバブル退治のため

リーマンショックとコロナ対策で10年以上に亘り金融緩和を続けました。日本のコロナ対策がケチケチに感じられるほど、多額の資金が投入され、土地も株も債権もバブルになり経済は回復基調になり、ケチケチな日本は置いてけぼりになりました。

※コロナ対策費‥日本 五兆円、アメリカ 二十兆円 経済規模が異なるとはいえ、比較になりませんし、それだけお金を刷ったので市場が加熱気味なので引き締めに動いたのです。

(日本は予算を積み上げたものの実際には助成金申請に手間がかかるから執行されないで残って繰り越しされているし。)

☆★☆

金融引き締めを行うと投資家や投機家はどう反応するか

ヤバい、株も不動産も債権も暴落する、日本全部売れー、狼狽売りを招いて円安が収まるどころの話ではなくなります。

先読み先取りで差益を稼ぐのが行動原理なので、慎重に事を構えて教科書通りに考えて予想するよりも現実化して※周回遅れになってから初めて動く人とは住んでいる世界が違います。

※投機家が売り浴びせた後なので結果論的に周回遅れになります。

(勝ち負けなんて許せない、全員仲良く全員勝ちにするべきだ。なんて言っていたら、いくらでも際限なくお金をジャブジャブ刷って、年金のお金も紙くず同然になります。)

 

 

☆★☆

マンションは投機の道具ではない、人が住むものだ、正しいことを言ってます。 

でも、それで規制をかけると投機家は資金を引き上げバブル崩壊の引き金になってしまいます。

 

リスクゼロ以外は一切認めない、投資家を保護すべきだ、赤字上場は許さない、させない と言って規制をかけるとどうなるか。創業間もなくして大儲け、そんな企業があるわけないので、スタートアップの上場もゼロになります。

(あったらイカサマかぼったくりだね。逆に財務諸表の改竄を促すことになるから危険だね。)

☆★☆

期待値と実態に差があるのが問題か

実態と価格は寸分の違いもなく一致していなければならない、バブルは一切あってはならない、我慢がならない、この世に存在する財務諸表と評価も一つの間違いもあってはならない、実現できないのはみんなが悪い。恣意的に決めつけてやる。その考え自体がバブルです。

☆★☆

消費税って目的税だったっけ?

消費税を下げるべきという意見に対して、社会保障の財源として必要だから下げられないという答えが用意されています。

それに対して、消費税の税収は社会保障にだけ使う目的税なのですね、一般会計への算入は行わないのですね、他の目的に使われることはないのですね。と質問すれば答えに窮するのに言わない。

気がつかないのだろうか、気がついてるけど遠慮して忖度して言わないのだろうか。

☆★☆

だから言ったんだと言われてもね

だから言ったんだ。

(言ってない言ってない)

責任を取れー

(結果良ければ黙殺、結果悪ければ非難の集中砲火)

☆★☆

教科書通りに物事が運ばないと我慢できない人には寛容性はない

普段どんなに優しいことを言って人権尊重を謳っていても、いざとなったら締め付け抑圧に走ります。クソがつくほど真面目なのでちょっとでも違ったら我慢できないのです。

☆★☆

金融引き締めを主張する候補者は経済音痴を自己アピールしている

清く貧しく美しく、経済のことなんか知りません、そんなことを気にするのは賤しいことですって

それはファンタジーです。

弱肉強食の地球上では経済弱者はクイモノにされます。土地も安全も言い値で買われて弱者は泣き寝入りです。

そんな世界は認めない、地球全体を変えてみせると言ったところで何も手段を持たなければ遠吠え扱いです。

その変える世界の方が地獄だと抵抗されて争いになります。争わないことがモットーなのに争いを起こすジレンマに陥ります。

争いはいけないと言っていたのに必要な戦いだと言い始めます。

☆★☆

経済音痴に票は投じられない

本人の考えなのか、全員一致を演じるために意見を封じられて党に拘束されているのか、後者であるなら、どんなに自由と人権尊重を謳っていてもいざとなったら締め付けてきます。

☆★☆

結局、よい思いをした人が多数派になるのがよい政治

昔は良かったというのは、昔よい思いをしていたから言うのです。昔ひどい目に遇っていた人が言うわけがありません。

不遇の人がいる一方で大多数の人がよい思いをしていたらよい政治と言われ、よい思いをしている人が少なくなると不満が溜まり、社会が不安化すると政権転覆が起こります。不満分子に外国のスパイが支援したり、国内外からの揺さぶりを受けますが。

大多数の国民が満足していれば、空振りに終わります。

☆★☆

(7月5日追記)

(日本経済新聞 7月4日 朝刊 13面)

「沈む英ポンドの警告」「景気不安、来年利下げも」

「英国の通貨ポンドが弱い。主要国でいち早く利上げに踏み切ったもののインフレは収まらず、景気後退に陥る懸念が顕著なためだ。」

利上げの結果はインフレと景気後退の同時進行 スタグフレーションです。

日銀に緊縮すべきだとギャンギャン言うのは、経済音痴だと証明されました。

北朝鮮や中国が民主主義を名乗るのは日本語をコピーしただけだから

https://www.nhk.jp/p/ts/89LY2ZQ6RK/

 

マイケル・サンデルの白熱教室という、日米中の学生が社会の問題について討論するNHKの番組で、中国の学生が、「民主主義には直接選挙も複数政党も言論の自由も必要ない」と言い放つ場面がありました。

口あんぐりの場面ですが、成立の経緯からは不思議なことではありません。

デモクラシーを自国の言葉に翻訳する過程を経ずに民主主義という日本語を自分たちの発音にしただけなのですから。

☆★☆

デモクラシーを民主主義という自国の言葉に置き換えた日本

明治以降、欧米から欧米の言葉が流れ込みました。

その中でdemocracyデモクラシーとは何ぞや?と思考の帰結として民主主義という言葉を編み出しました。

意味を考え自分たちの言葉にする過程を経たのです。

☆★☆

外国人が日本語Tシャツを着る感覚

「失われた愛(LOST LOVE)」「不法入国者(ILLEGAL ENTRANT)」「地底人(UNDERGROUND PEAPLE)」「明日から本気出す(WILL BE SIRIOUS STARTING TOMORROW)」とか印刷してあるTシャツを着て意味もわからず格好いい、クールだと思っているのだろうか。

(日本人が英語で書いてあったら意味もわからずにカッコいいと思うのと同じじゃないの。)

☆★☆

実際のところ中身はどうでもいいのではないか

民主主義という言葉が格好よさそう、人権抑圧独裁であろうが監視社会であろうが民主主義を名乗る。

☆★☆

自国の言葉に直さないと自分たちのものにならない

semiconductorセミコンダクターを半導体、railwayレイルウェイを鉄道、carカーを自動車、printプリントを印刷、architectureアーキテクチャを建築、collegeカレッジを大学、とそれまで日本になかったものについては新しい日本語を創造し、従来からあった物事については翻訳して自らのものにしていった歴史的経緯があります。

(castleキャッスル(お城)はあったから造語ではなく翻訳だね。)

☆★☆ 

リストラ=首切り と捉えたのは発音を片仮名にしただけだから

re-stracturingリストラクチャリング 再構築を短縮して片仮名表記にしたのがリストラです。

体制の再構築、(経営改革(management renewal)、構造改革(structural reform)を含む)を表す言葉です。

単なる首切りだけの意味ではありません。

自分たちの言葉に直していかないと使い方を誤ります。

☆★☆

外国語の発音をそのまま片仮名にする日本、漢字にする中国

セミコンダクターを導入の際に半導体を造語した矜持は今はなく、入ってくる言葉をそのまま片仮名表記にするのに手一杯の日本。

欧米に追随し、後追いになるのは道理です。

 

※コンダクターには導体、指揮者、競走馬、添乗員といった意味があります。

 

安全安心を謳っていたら寧ろ危険

軽井沢のツアーバスの事故を思い出した

知床遊覧船沈没の報道を見て軽井沢のツアーバスの事故を思い出した。

沈没事故を起こした会社は、軽井沢の報道を知ってもパスだから自分たちは関係ないと他人事だと思ったのだろう。

家計が火の車で無理に出航したのではないかと思い財務諸表を参照しようとしたが、案の定 公式サイトにはなかった。

https://www.shiretoko-kazu.com/flow/

(下書きをした4月7日の時点ではアクセスできましたが現時点ではアクセスできません。)

とても人様に見せられない有り様だったのか、情報開示に意識が向かない素人経営だったのか。

☆★☆

安全安心を謳うのは素人丸出し

大手は勿論、普段利用する交通機関の公式サイトに、安全安心 などという謳い文句はありません。素人感丸出しになるので恥ずかしいのでまずありません。

詐欺メールにはURLをポチっと押してねと 安全安心 の文言があったりしますが。

件の遊覧船の運行会社の公式サイトにはあります。どんな施策対策があるから安全安心を謳うのではなく、唯、安全安心の言いっ放し です。

なぜ安全安心と謳うのか、安全安心でないことを自覚しているから自らの不安を払拭するために言いっ放しているのではないか。

安全について具体的な説明は出来ないが、とにかく客を集めるという意識で安全安心の言いっ放しになったのではないか。

(乗る前に一々公式サイトを確認する人はいないってば。)

単なる習慣であり、人様に薦めているのではない。予約をする際に予約サイトを使ったついでに公式サイトを見るだけだ。最初から意識をして公式サイトを閲覧していたのではなく、予約をしたついでに公式サイトを見たのが習慣になっただけだ。

詐欺メールのこともあり安全安心の謳い文句を見たら警戒する習慣が付いてしまった。

☆★☆

安全安心を謳うのは何も具体的に書けないから

 

お金がないなら人の命を預かってはいけない。
家計が火の車の会社は安全を確保出来ない。
騙し騙し運航を続ける、今まで致命的な事故に遭わなかったのは運に過ぎない。
財務諸表をチェックするのは投資のためだけではない、普段の足として命を預けてよい会社かと判断材料にするためでもある。

☆★☆

聴聞会をバックレ

国土交通省は6月14日に聴聞会を開いた。

会社側は代表本人はおろか代理人も出頭せず、前日の13日に提出された陳述書には、営業許可を出した国にも責任があり、会社側のみに責任を問うことについての不服の申し立てに口あんぐりです。

(主旨は起きたことについて自分だけの責任ではないということだから、やったことについては認めちゃってるね。)

☆★☆

これでは自爆です

捕まった容疑者が事件を起こす前から四六時中警察が自分を監視していたら事件を起こさなかったと主張するようなものです。自らクロだと白状しているようなものです。陳述書が逆に証拠になってしまいます。これを出したらヤバいと止めなかった代理人まで素人なのか?止められても言うことを聞かなかったのか。雲隠れをされたらそれこそが国の責任です。

公立図書館は入手困難な本は貸し出し禁止にした方がいい

目録にあるのに閲覧できない

理由を聞くと、貸し出した本が戻ってこなかった。理由は借りた利用者がなくしたという。

☆★☆

出版社に新刊の在庫がなく、もう入手できない貴重な本だった

出版社に在庫のない絶版本だから、定価と同額を弁償させたところで二度と手に入らない。

図書館の本は公共物なのだから、なくしました はいわかりました、仕方ないですね で終わらせずに相応の弁償をさせるべきではないか。

(なくしたって不自然だけど、問い詰めようにも証拠がないし、司書は探偵や刑事じゃないし。)

 

☆★☆ 

ネットでは高額で売買されている

絶版本の書名がGoogle検索でヒットすると中古市場で高額で取引きされていることが確認できました。

公立図書館でお宝本を借りて、ネットで高額で売って、図書館には なくしました、返せません。ってやっていたりして。

(お人好しの司書は困った人だな~しょうがないな~と思って信じてしまう。疑ったところで証拠がないと逆ギレされる。)

定価の金額で弁償させられてもネットで高額で売っているから差額で利益を得ているから懐が痛まないと思っていたりして。

(それは窃盗でしょ。)

(図書館が窃盗で捜査依頼をするのは、ハードルが高いし、証拠を掴むのに手間がかるからやっていられない。図書館も警察も本の窃盗容疑に時間をかけていられないだろう から 放置されて やりたい放題にされる。)

(ネットの大海から個人を特定するのは至難の技、個人情報保護で特定できない、図書館は通常業務を犠牲にして犯人捜査をする時間もなければ、予算をかけて税金を使って捜査依頼をすることもできない、そんなことにお金と人手を使うなら貸し出すなという話になるんじゃない。)

☆★☆

貸出すのなら、返せなければ同じ本を弁償する規定にするか、高額な本は館内閲覧のみにするか。

出版社に在庫がある本なら定価で購入して補充するので同額を弁償してもらいます。出版社に在庫がなく、ネットで高額取引されている本なら、高額で購入してでも弁償して返してください。

それが嫌だ、同意しない と言うなら、館内閲覧に留める。

なくした と言われて一々捜査なんかしていられないだろう。

☆★☆

心ない人のせいで、みんなが不便に

以前は貸し出し可の本だったのに、貸し出し不可になった、不便だ。それは図書館のせいではなく、心ない利用者のせいです。

 

 

ロシア経済をボロボロにするとでっかい北朝鮮になりはしないか

ロシアに近い国ほど強硬

帝政ロシアソ連の時代から圧迫を受けてきた歴史的経緯から不安で仕方がない。

ロシアを徹底して叩いて欲しいという気持ちは分からなくもない。

でも情念よりは合理性で判断したい。

第一次大戦の後でドイツを徹底的に叩いた結果がナチスドイツです。プーチンを失脚させたところでプーチンよりももっととんでもないのがリーダーになったら何にもなりません。 

☆★☆

ソビエトが復活したりして

レーニンの革命のときは、資本主義になっていない帝政からソビエトになってしまった。今度はエリツィンプーチンの施政で貧富の差が拡大し資本主義の矛盾が露呈した、マルクスの予言通りだ、と宣伝されたりして。

ドイツそしてウクライナでは共産党は非合法ですが、ロシアでは非合法ではない。ライヴァルを選挙に参戦させない様に隔離している

(政府に批判的な候補者は新型コロナ感染扱いにして病院に隔離して選挙運動をさせなかった。PCR陽性は本当だったのか不明、新型コロナは権力抗争に利用できる、反対者は恣意的にPCR陽性にすればいい、独裁政治は忖度が行き届いた政治です。独裁者が直接指示をしなくても保険衛生官僚がよきに計らってくれます。)

のに共産党を温存したのは意図的か?

(それがプーチンの狙いだったりして、私を潰したらソ連が復活するぞ、西側よ、それでもいいのか。)

(ソ連復活はアメリカが一番望まない展開だね、だから体制転覆までは望まないとバイデンは言ったのかな。)

(ソビエトになったら企業は国営化、上場廃止になってロシア株はもう売買できなくなる。外国の資本家どもに介入させないとか言って。)

中国「こっちにミサイル向けてるんじゃない!」

☆★☆

上海封鎖は感染抑止は建前で本音は権力抗争だったりして

中国経済へのダメージが甚大でも封鎖に踏み切れたのは、北京閥上海閥の権力抗争で上海潰せという政治目的があったのではないか。

比較的新型コロナを抑え込めているのに更に経済を犠牲にしてゼロを目指すところに違和感を感じた。経済合理性のない判断は権力抗争が絡んでいるときに為される。

外出禁止令が解かれたのは、手打ちか抗争の目的達成か。

(中国の工場が再稼働したら資源価格がまた上がるけど、中国の工場で生産される資材は価格が落ち着く。)

☆★☆

世界のキャスティングボードを握っていたのに捨てたロシア

米ソ冷戦時代はアメリカは中国を引き込み、ソ連崩壊後も緊張関係に戻さなかったため、中国は伸長し脅威になってから対立。

米中対立なら、どちらもロシアを引き込みたいはずなのに、両方から旨い汁を吸える立場であったのに、それを捨てた。
負けが込んで損失を取り戻そうとして益々深みに嵌まり込んでいくロシア。
戦争を続けるつもりでも戦費がもたないので続けられない。

一方にだけ贔屓を続けるのはやめましょう。

(アメリカはロシアと中国を天秤にかけていればよかったのに、中国贔屓を続けて脅威だと気付いてから対立し、その間にロシアは懐柔し難くなってしまった。)

☆★☆

優秀なロシア人は囲い込もう

戦乱で技術者の国外流出が止まらないという。ロシア人だからと避けていたら、他の国に行ってしまいます。

(一番の行き先はアメリカじゃないの。)

グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリンはロシア出身です。

(映画監督のスティーブン・スピルバーグのお祖父さんはロシア革命のときにアメリカに逃れてきたんだって。)

(ウクライナユダヤ人でしょ、元ソ連地域からでもロシア人とは限らない。)

(ロシア系で有名な俳優はレオナルド・ディカプリオマイケル・ダグラス、SF作家はアイザック・アシモフ。)

(レオナルドという名前はイタリアで両親もイタリア系だけど鋭い見かけでそういわれるのかな。)

(プルシェンコとかザギトワはどうしてるんだろ。)

(そういえば、スペースシャトルチャレンジャーの事故の影響でNASAが有人宇宙飛行を2011年7月を最後に休止して2020年5月にイーロンマスクのスペースエックス社が打ち上げ成功するまでは、人が乗って宇宙に打ち上げられる宇宙船て、ロシアのソユーズだったよね。1970年代の設計だけど。)

旧ソ連時代の第二次大戦末期に設計されたカラシニコフ設計のAK-47は未だにテロリストが使っている現役です。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/AK-47

AK系ライフルは信頼性が高く、扱いが多少乱暴でも確実に動作する。これは、ミハイル・カラシニコフが設計の段階で変化に富んだソ連の気候を想定し、部品同士のクリアランスを大きめに取り、多少の泥や砂、高温または寒冷地における金属の変形、生産時の技術不足による部品精度低下が起きても、問題なく動作するよう考慮したためである。故に極寒地や砂漠地帯の兵士からも信頼が寄せられている。特に機関部は、内側に泥や砂などが入っても、軽く水洗いすれば射撃できるほどであった。

☆★☆

ロシア人が怠惰といわれるのは気候が厳しいからか

努力しても報われない辛酸を舐めてきたからではないか。

国家の管理下でサイバー攻撃をする人材を育成して攻撃をしているのは高度なITスキル保持者がいるということですから囲い込んで逆に守りを固めたいところです。

(ミイラ取りがミイラにならないでね。)

 

 

 

マスク緩和と円安と参議院選挙

(何の関係があるの?)

世界の流れに乗れていない日本を象徴しています。

☆★☆

マスクを外す科学的根拠はない は逆効果

19日の朝のNHKニュースを視ていたら、欧米ではマスク着用の緩和が進んでいる、日本もマスク着用の緩和を、に対する答えが、上から目線で 科学的根拠がない、という。

これは却って逆効果になる言い方だと思う。

マスクをしていても感染する人がいるのはどういう理由だ、科学的根拠がないっ と逆に突っ込まれてしまい、マスクをしないで批判されていた人にマスクをしない理由にされてしまいます。

感染した人は全員マスクをしていなかったという事実がなければ科学的根拠がないっ と突っ込まれてしまいます。  

マスク着用を緩和した欧米は、科学的根拠に基づいていないと言うのか、と返されてしまいます。

(21日朝のニュースでは政府の考え方が示されました。屋外で2メートル距離が取れれば、同行者がいても会話がなければ、マスクの着用の必要はない、二歳以下の幼児については一律に着用を求めるものではない。でも街頭インタビューでは、すっかりマスク依存になって不安の声が…。)

(マスクをして親の顔が半分しか見えない状態では小さい子供は不安になり、情操教育への悪影響が懸念されています。)

髭を剃るのを忘れて出勤しても誤魔化せます。誰もマスクをしていることに疑問を差し挟めないので。

(街頭インタビューで マスクをしてるとリップをしなくて済むというのがあったよ。)

(世間体があるからマスクをしているとかいうのもあったね、日本人アルアルだね。)

☆★☆

コロナ禍初期から、屋外で周囲に人がいなければマスクをしていなかった

飛沫感染と初期から言われていたので、飛沫を浴びたり浴びせる心配のない状況ではマスクをしていませんでした。

寧ろ四六時中マスクをしていたら外気の刺激を受けないので粘膜が弱くなって、却って感染リスクが高まると思っていました。

(気をつけてマスクをしていたのに感染した人は、それが原因だったりして。)

(うがいは感染防止の基本だとよくお医者さんも奨めていたのに、飛沫が飛ぶから うがい禁止 とかあったよね、高いところからとか勢いよく吐がなければ飛沫は飛ばないのに、それを言わないで うがい禁止って変なの って思ってた。) 

(科学的根拠がない を平たく言えば 仮説を立てて検証していなかったのでわからない。です。)

(仮説を立てようとしても空気を読んで遠慮して言わなかったり、同調圧力で発言することが憚れたり。)

(ありそう。)

☆★☆

来日客が混乱する前に

入国制限が緩和されて、来日客が増えても国で指針が定まらないと迎える観光地、飲食店、宿泊施設が対応に困ります。

指針が定まらないと行った場所、施設によって言うことが違うと苦情になります。

円安は来日客にお金を使ってもらうチャンスです。

☆★☆

円安で外国人で人手不足の解消という手は使えなくなる

日本で働くメリットは円が強いからでした、安くなった円を給料で受け取っても為替差益のメリットが薄れたので旨みがないと通貨の強い国を目指すようになります。

人手不足、人口減の対策で外国人を入れるということが言われてましたが、その手は今後は使えません。

☆★☆

円安になったのは円安が以前ほど警戒されなくなったから

高度成長期の日本は輸出攻勢で世界の市場を席巻し欧米諸国を警戒させました。 

日本を止めるために円高容認円高で日本企業は生産拠点を海外に移したので脅威が薄れたことと相まって、中国の勃興とそれへの対応が欧米諸国にとっては喫緊の課題となり円安は容認されるようになりました。

(元やルーブルが上がるのも下がるのも国際協調の賜物、一国の中央銀行が介入したところで焼石に水になる。

円安を何とかしろ是正だと言って介入したところで各国政府、国際金融資本、大口投資家の思惑で投入資金を無駄遣いさせられる。)

(1992年、英国がポンド下げに抗ったことがあったけど、ジョージ・ソロスのポンド売りにみんな便乗(或いは狼狽売り)して無為に終わった。)

(全体の流れを読んで、ポンド下落は必然と判断したんでしょ。)

☆★☆

円安メリットが享受できてない理由

円高の時に生産拠点を海外に移したので貿易による為替差益を享受できてないから、給料に反映されず、景気がよくならない。

国内で人手が確保できない懸念で生産拠点の国内回帰を躊躇するので雇用を増やせない。

(国内回帰は自動化が進んだ生産方式のイノベーションによる効率化で生産性を上げて株価の上昇、給料アップ、景気高揚、税収増による財政再建

(収入増に連動して所得税法人税の税収増が本筋。

消費税をUPすると消費を節約する動きになり安さを追及して市場に出回るお金が減るので景気を冷まし企業を苦しめ回り回って従業員且つ消費者の収入減が消費減になり波及して税収減により国庫に波及します。)

(アベノミクスマッチポンプにしたのは消費税増税だったりして。)

円安によるインバウンド収入を期待するところですが、コロナ禍による入国制限で来日客が増えない。

(マスク着用の話が為替や景気の話になったね。)

それではまた。

☆★☆

参議院選挙の野党の戦術は増税煽り

政権批判をするよりも与党が勝ったら消費税、ガソリン税が上がりますよ!と煽るのが有効だと思う。

海外の事例を持ち出して日本の消費税はまだまだ低い、もっと上げられるという理屈はありがちですが、収入レベルが違うので同列に比較はできない。生活困窮者が増えたら治安が悪化し、却って国の支出が増えて税収が帳消しになる。

(子供手当てだって、配る経費を考えたら子供のいる家庭を減税する方が費用対効果が高いのに、わざわざ余分にお金を掛けたがるの日本はアリアリだね。それでお金がない、予算が足りない、人手が足りないって。)

(特定財源が利権になるから一般財源にするって、余るなら減税すればいいのに。)

(余る財源を減税するのは歓迎されても、足りない財源は増税するというのは有権者の理解を得難いし、余る財源を利権にする人たちの抵抗を受けるから、余る財源を一般財源に回すのアリアリ、足りない財源について増税を求めるのが正論だけど。)

(増税を求めたら、無駄遣いをチェックされるから、余った特定財源一般財源に回す帳尻合わせに流れて正面からの議論は避けられる。) 

(赤字財政になって先人に面目が立たない、政府に増税させることが自分たちの存在価値だと思っていたりして。)

 

消費税スライドで人件費アップ要請や強制は企業が反発する、公務員の人件費が増えなければ人財不足になる。

有権者の関心事は物価上昇忌避なので。選挙中に質問され報道され広く関心を呼べば与党は選挙の後も他の名目でも上げるとは言えなくなるので。

(野党の主張はデマだの嘘だの言ったら、もう増税は言えない。)

☆★☆

野党は党を自滅させるつもりか

平和路線を変更すればかつての社会党の二の舞になると思っているのかな?

(政権交代したオーストラリアは与党も野党も対中強硬路線であることに変わりはないけど。)

みんなが冷戦終結の認識でいる時に路線変更(自民党と連立政権樹立の際、自衛隊違憲→合憲、非武装武装)に支持者はひっくり返ったけど、今とは世界の情勢が違うので。

頑なに路線を維持したところで、高齢者に支持されてもシルバー民主主義の象徴視されて将来性が危ぶまれる。

 

捕虜交換に応じないとは逆に自国兵士への締め付けにもなる

☆★☆

捕虜交換に応じないとは逆に自国兵士への締め付けです

ロシアはマリウポリで捕虜にしたウクライナ兵をロシア兵との捕虜交換に応じない、拒否するとのことです。

そうなると、ロシア兵に対してもウクライナの捕虜になったら助けないぞ、許さないぞ、というメッセージになります。

必死になって戦え、捕虜になるくらいなら死ね、ということです。

捕虜交換に応じないとは相手国に対する恫喝になると同時に、自国兵士に対する恫喝にもなります。悪い言い方をすれば締め付けですが、引き締めというよい言い方に言い換えられます。

☆★☆

捕虜になった方がましと思わせて戦意を削ぐ

日露戦争では捕虜収容所は松山温泉でした。

日本の捕虜になった方が優しくしてもらえるとロシア兵士の戦意を削ぎました。

(国際ルールの模範生であろうとしたら、結果的になってしまった。)

なのに日米戦争では逆のことをして、しごき、ビンタをされ、死ぬまで戦えと命令する自国よりも敵(アメリカ)の方が優しいと捕虜になって機密をバラされてしまいました。そうなってから裏切りは許さないと怒っても手遅れです。

(優しいのは利用価値があるからだから情報は安売りしない方がいいね。)

(味方が大勢死ぬような機密をバラしたら敵からも人として信用されない、そんなことをバラす私を信用してはいけない。)

☆★☆

戦場に送られても生死不明にされるだけ

戦死が確認されると補償金が遺族に支払われますが、財源不足の国では生死不明扱いになります。

戦死ではなく生死不明なら補償金の支払いはないからです。

ロシアの財政が潤沢な状況ではないので、ロシア兵は生死不明扱いにされ、志願或いは徴兵でウクライナに送られた我が子は生死不明。強く確認を求めようものなら不穏分子扱いで粛清の対象になる。

☆★☆

捕虜を味方に 

ビラを撒く手段として今ならドローンがあります。けして悪いようにはしないと投降を呼び掛けるのです。

☆★☆

補償金をケチると敵のプロパガンタに利用されます

戦場に送られたあなたの息子は生死不明になります。 

名誉の戦死にしたら補償金を払わなければならないので。

愛国心で戦っても故郷の両親には名誉の戦死報告ではなく、生死不明扱いにされるだけです。

と戦意を削ぐプロパガンダが行われます。

☆★☆

強権は民度バロメータ

どうせこいつらは口で言ってもわからない、と政府が認識していると強権で国民を押さえ付けます。

騙すのが当たり前、見つからなければいい、見られてなければ構わない。

お天道さまが見ているって日本人の感覚は謎、モノが盗まれないとか、盗まれたモノが返ってくるなんて信じられない、素敵なことだと思わずにあり得ないと思う。民度が低いとこいつら口で言ってもわからないと政府が強権で押さえ付けるのがルーチンになります。

☆★☆

手出しをさせないためには泥沼化を予見させることです

やめなさい、よしなさい、と言ってもワルい子はやめません。逆にヤれと煽ることになります。

チョロイ相手と思われていたら、ちょっかいを出されます。

なので警戒している人は面倒な人の演技をしたり、実際に面倒な人である場合があります。

侵略するのが面倒、侵略したらとても面倒臭いことになると予見させることが平和への道なのです。

 

それではまた。

 

 

培養肉のイメージは人の欲望で違うものに

人工培養肉とは

持続可能な社会実現のために、温暖化を抑制するために今のような畜産は続けられない。

牧場にするために森林を伐採したり、家畜が排出するメタンガスは温暖化の原因になっている。農産物が家畜の餌になるなど食糧問題の原因になっている。

 

人口培養肉とは「動物の可食部の細胞を組織培養することによって生み出される肉」のことです。
実用化されれば食用動物の屠殺数が減り、また畜産の過程で排出されるCO2やメタンなども低減させられると期待されています。

☆★☆

培養肉の作り方

牛の培養肉の作り方は牛の幹細胞を採取して培養する生成方法です。
幹細胞には「分裂して自らと同じ種類の細胞を作り出す能力(自己複製能)」と「全く別の種類の細胞に分化する能力(多分化能)」が備わっており、内臓器官から筋肉まであらゆるものを作り出せる。

(iPS細胞で人の臓器の再生医療の応用かな?)

(骨も再生できるなら骨付き肉も再生できるね。)

☆★☆

現在市場に出回っている代替肉のほとんどは、主に大豆や植物を原料として作られています

しかし、あくまでも代替品なので、栄養分までは同じにはならない。

その点、培養肉は本物の肉と同じ細胞から作られるため栄養分は同じと考えられる。

人口培養肉が実用化されれば持続可能な食肉文化が確立できる。

☆★☆

成型肉よりはましではないか

あり得ない、気持ち悪い、と思うなら成型肉はどうなのか。

成型肉は細かいクズ肉を軟化剤で柔らかくして食品添加物で固め、形状を整えた食肉である。本来なら産業廃棄物となるべきクズ肉に、添加物複数種類を大量に投入して固めて加工したものに比べれば、「培養肉」を一概に否定することは出来ない。

☆★☆

畜産業界へのインパクト大

畜産業の「家畜を育てて出荷する」というビジネスモデルを根底から揺るがしかねない。

既存の畜産業の縮小は避けられない。

でも一方で、食にこだわりがあり大金を払っても本物の肉を好む人も残るだろう。

一流のレストランと取引のある高品質を売りにする畜産業者だけ生き残るのだろう。

☆★☆

一般向けの生産をする牧場や畜産農家の代替はバイオ工場になる

そこで働いているのは技術者、オペレーターになる。廃業した畜産農家はバイオ工場を生産拠点にする食品メーカーに勤めることになる。

☆★☆

外食産業の取引先は畜産農家からバイオ産業に移る

培養肉のコストの問題が解決されたら、今までの付き合い、繋がり、商習慣が崩れる。

培養肉の使用が当たり前になると、従来のルールが崩れる。

☆★☆

食品メーカーは技術者の争奪戦に

食品業界の成功要因は「いかに優秀なバイオテクノロジーの技術者を集められるか」になるかもしれない。バイオテクノロジーを駆使する先端業界に変貌を遂げる。

(それとも外食産業がオリジナル培養肉の技術者を抱え込んだりして。如何にライバルよりも先に本物に近い培養肉を低コストで実現するかの競争になる。)

☆★☆

ロシア特産 マンモスの骨付き肉

(何を唐突に)

シベリアの永久凍土から出てきたマンモスのミイラの細胞から培養して、骨までも再生。

骨を掴んでガブリ。

(ギャートルズの世界だね。)

(中国が対抗して、ドラゴンの肉とか売り出して、どうやって培養したんだ、蛇じゃないかっとか。)

(日本では鯨肉が復活、欧米人が可哀想だと騒いだら、培養肉ですで終わり。)

(黒マグロが培養されたら養殖はどうなるんだろ。海で泳ぐ本物は高級寿司店でしか食べられないことになったりして。)

☆★☆

ワシントン条約で取引禁止の動物の培養肉も

(どうやって培養したんだ、細胞をどうやって採取したんだ。ってことになるね。)

違法にならないように、自然死したばかりの死体のハンターが新商売になる。猛獣に襲われる危険を孕んだ冒険になります。

(そこまで人間の欲望が。)

(地球温暖化対策が動機なのに、結局、人間の欲望で様変わり。)

沖縄は日本に復帰して幸せになったといえるのかーアメリカ復帰という選択肢

独立という選択肢はあるか

インドネシアの圧政から逃れたいと東ティモールは独立しましたが、発展途上の貧しい国です。インドネシアは圧政を敷きましたが、インフラ整備で保護しました。独立の代償として貧困に喘ぐような事態にならないように、複数の選択肢が必要です。琉球単独で中国の圧力に対抗する軍事力は現実的とは言えません。

☆★☆

米軍とはうまくやっているのでは?(事件事故さえ起こさなければ)

暴動や集会はあっても米軍出ていけという話にはなっていない。持ちつ持たれつの関係ではないのか。

嘉手納基地の危険性は解決しなければならない問題ですが。

☆★☆

言うだけ番長公約 最低でも県外

2009年 政権交代となった衆議院選挙で総理となった当時の鳩山代表は 嘉手納基地の移転先を 最低でも県外 と選挙中に公言しテレビ放映され、熱狂的に支持され、選挙で圧勝したが、米海兵隊は抑止力になっていると知らなかったと言い訳し公約を反古にした。最低にも満たないなんて、

もう大和人(ヤマトンチュ)は信じないと不信は決定的になった。

☆★☆

同情は上から目線で優しくない

気の毒だ、可哀想だ、と言うだけなのは自分よりも不運不幸な境遇の人を見つけて優越感に浸っているだけです。

代わりに基地を引き受けるのかと言われたら自分のところだけは嫌がり口だけかと失望される。

基地はいらないと言うのは、安全保障を見て見ぬふりをした苦し紛れの言い逃れと受け取られる。

☆★☆

中国の領土化は日米及び周辺国が受け入れられない

中国の海洋進出で臨検とか言われて、海路を抑えられ、干乾しにすると圧力をかけ支配を強める。

ゼロコロナ対策で琉球人は外出外食禁止。

☆★☆

ペリーの遺産で沖縄戦を制した米軍

アジアの重要基点になると認識していたので、浦賀に来る前に測量していった。それで水深は把握してあったので近付けるところまで近付いて艦砲射撃を行い上陸部隊を送り込んだ。

ペリーが来た当時は独立国ではなく、薩摩の支配を受けていたので薩摩のすることだからと

特に抗議はしなかった。

薩摩藩は知らなかったのか、知っても得体の知れない黒船を警戒して何もできなかったのか。

☆★☆

反発された沖縄博

本土復帰後も米軍基地はそのまま、沖縄海洋博覧会の会場設営は珊瑚礁を埋め立てられ、本土の建設業にカネが回り、反発され反対抗議集会が開かれた。

☆★☆

日本政府に任せても進まない

嘉手納基地の移転は予算を立てて入札を行う公共事業の固定観念を抜け出せない。

軍事基地の移転は迅速が肝要。呑気にルーチンでやっていたら敵の攻撃を防げない。通常の公共事業の感覚でいたら平和ボケを晒して呆れられる。

本土の建設業にカネが回るだけだと反発される。

日米地位協定で米軍の事件に捜査が進まなかったり出来なかったりする。

☆★☆

アメリカに復帰すると日本と交渉したら

アメリカ国民になれば、嘉手納基地の危険性はアメリカの人権団体、マスコミ、弁護士が黙っていない。

日米地位協定も関係なくなる。

琉球語と英語のバイリンガルになり、アメリカの大学を出て世界を目指す人財を輩出する。

アメリカになればアメリカを守ることになるのだから、外国を守るために予算がどうこうとか言われなくて済む。

日本及び周辺国は海上ルートを確保できる。

(これが本来のパクス、民族支配や人材登用で差別することではありません。強権で縛り付けるところを見せつけた後で熱烈歓迎しても遅いです。)

中国はアメリカの沖縄占領時には尖閣諸島の領有を主張しなかった。

日本政府から言ってはいけない、引き取ってやるから思いやり予算は今まで通り出せとか言われかねない。

☆★☆

領土が広がると貿易商は機会が減ります

今まで貿易をしていたところが領土になると貿易ではなくなり、国内流通になります。

沖縄がアメリカになれば、日本と沖縄との流通は貿易になります。

 

パスポートがなければ沖縄旅行に行けなくなり、日本からの観光客が減ることが想定されるので、アジア各国やアメリカ本土からの観光客の誘致が課題になります。

意図せず改憲論議に火を付けた共産党  

ロシアのウクライナ侵攻の際に志位委員長が日本は憲法9条があるから大丈夫とTweetしたら、それを知った他党の議員は んなわけねーだろー 改憲を急げー と逆に火を付けてしまった。

(9条を護れは建前で本音は改憲だったりして、ヤメテヤメテと言いながら本音はヤレヤレだったりして、自分たちが権力を握ったときには邪魔だけど、自分たちが変えたんじゃないから自分たちは悪くない。権力を握ったときには豹変すると疑われている。革命前は人民のため市民のため、権力を握ったら現実的対応と言いながら意見・方針が合わないからと粛清の嵐になったのは世界史の定番です。)

(アメリカやドイツでは共産党は非合法、昭和の時代に北朝鮮は楽園とか宣伝されたことがあったけど日本は共産党にとって楽園だね。)

(野党の票が伸びないのは共産党があるからだったりして、共産党があるから国民は警戒して自民党に入れる、だから一党支配が続いてしまう。共産党自民党にとっては必要悪。)

野党、マスコミに期待されるのは、どさくさ紛れで関係のないところがいじられないように監視することです。

☆★☆

九条がない=軍国主義 が外交儀礼に反する理由

九条の改正は軍国主義の復活という物言いをする人がいます。

幸せの国ブータンに九条はありませんが軍国主義だと思える節はありません。バチカンモナコに九条はありませんが軍国主義だと思える節はありません。失礼です。韓国・中国が九条がないから軍国主義だと決めつけられたら侮辱されたと反論するでしょう。

永世中立のスイスは国民皆兵です。当然九条はありません。

2013年9月22日の国民投票では73%の反対票で徴兵制廃止が否決された。

スイスに軍隊があるというよりスイスの国家そのものが軍隊といえる。だからと言って軍国主義というのは儀礼に反します。

(鎌倉・室町・安土桃山時代の日本は外国から見たら国そのものが軍隊みたいに見えたんだろうね。大英帝国帝政ロシアが勃興する前はスペイン・ポルトガルが覇権争いをしてアジアや南米が植民地化されたけど日本はヤバい国扱いされて独立を保てたんだね。)

☆★☆

 

九条の改正を日本の軍国主義の復活と非難した国は自ら九条を制定しないと説得力を失います

日本が九条を改正したら軍国主義の復活だと非難したら、自らは九条を制定しなければならなくなります。そうしないと九条のない我が国は軍国主義であると自己アピールすることになってしまいます。

軍備を増強させていたら、自分たちのことは棚に上げていると逆に注目を集めることになります。