nikoichixのブログ

新聞やテレビ、本を見て思ったことを綴っています。書いてみたらこんな展開になるとは思わなかった。まいっか。

エアコンは自分で手入れしたい

週に一度の家の掃除で、朝食前に床や畳の掃除機がけ以外に神棚、仏壇、箪笥や食器棚、冷蔵庫の上、照明器具の上や(開口している器具は中も)、テレビ、(PCは使用後都度)、エアコンは軽く掃除をしているので、大掃除の時に大事にならない。

(換気扇や窓拭き、サッシは月に一度だね、風呂のタイルや窓は風呂に入ってるついでに磨いているね)

☆★☆

掃除はエクササイズ

暇があるからやれるんだろうって

爪先立ちや、かかと立ち、片足立ち、スクワットをしながら、意識的にお腹や肛門周りを締めながらやれば運動になるじゃない。家の中がきれいになって運動にもなって一石二鳥じゃない。

漫然とやったら暇があるからだろうという批判通りにひとつの目的しか達成できないけどね。

(おっさんがやるとある意味ヘンタイだと思う)

うるせー

☆★☆

エアコンは19年になろうとしている

15年目にエアコン本体は何ともないのに、リモコンの液晶が死んで補修部品の供給期限が過ぎていたからとメーカーの汎用リモコンを使っていた。ドレンホースやダクト・パイプが劣化したら交換品や補修バーツを量販店で買ってきて手当てしてきたけど、転ばぬ先の杖で暑さ寒さの本番で壊れてからでは面倒なので、何も起きていないうちに買い換えることにした。

シーズンになったら設置工事業者が混んで時間がかかったり。不具合がお盆・正月にあたったら目も当てられない。

元気に動いてくれているが、悪いが買い替えることにした。

(まだ壊れていないのに買い替えることに罪悪感を感じてしまう。)

(液晶テレビ(32型)の時は休みの日の朝に視ていたら、画面に影が出てきて、スタジオ放送だったからバカなスタッフがカメラの前に立ちやがってと文句を言ってたけど、チャンネルを変えても同じだから、スタジオのスタッフじゃなくてテレビが終わったって言って(11年使用、前のブラウン管のパナソニックは17年使用)開店時間になったら電気屋に行って午前中にタクシーで持ち帰って自分で設置配線して、他の機器も心配になって年数の経っている洗濯機、ガスこんろ、そして今度はエアコン、これらはもちろん備え付けは業者に依頼。)

☆★☆

匂いはしたことがない

夏は週一で、朝飯前に室内機本体を掃除機がけし、フィルターを外して掃除機をかけ、熱交換器の水滴をペーパータオルで吸って絞ってフィンやフラップを拭き、乾いたら熱交換器に掃除機をかけていたので、巷で聞くようなエアコンがかび臭くなったことがない。 

室外機はさすがに中には手を出せないので、表面を拭いたり、周りの落ち葉等を掃いたり、劣化したホース類の補修やドレンホース(排水ホース)の交換がせいぜいだった。

☆★☆

電器店でショックを受ける

通風路に手が入らないじゃないか、パネルが90度開かない、外せない、なんだ今のエアコンは。自宅のエアコンは前面のパネルを大きく開けてラクラク掃除機掛けができたのに、手が入ってファンやフラップを拭くことが出来るのに、手を入れられない手を出さないでくださいって作りになっている。

☆★☆

掃除ロボット機能って余計なお世話

そもそも本質的なところに不具合はないのに、ロボット君の調子がよくないからメーカーの修理を呼ぶなんて話になったら間抜けではないか。

余計なもんが付いていると故障の原因が増えると思うnikoichiは古いのか。

省エネ機能や汚れ防止のコーティングはお掃除機能付きの機種でなければ付いていないのは抱き合わせ販売の発想ではないか。

そもそも海外で販売しているのか、日本だけならノセられるのは日本人だけということではないか。

日本だけ特別とか言われてイイ気になっていらない機能を抱き合わせにさせられているのではないか。

☆★☆

人間が一切合財手をつける必要がないならお掃除ロボット機能の意義があると思うが、

そうはいかずに人が手を出す必要が生じる、その頻度が減るというが、故障リスクやメンテナンスのし難さ(手を入れ難い)、仮にクリーニング業者や修理業者に依頼する機会があるなら構造が複雑な分、料金も割高になるというデメリットを上回るメリットが感じられないし、第一ロボット君を内蔵させるために室内機がデカすぎる。

当然それなりに重量もあるだろうから、備え付けの業者も苦労するだろうし、大きな地震が起きた時の壁に加えられるストレスのことを考えると壁に備え付けるモノの重量は抑制したい。

それを考えるとお掃除機能付きは始めから候補から外れた。

☆★☆

これもガラパゴスじゃないの

フィルタお掃除機能がついて室内機がデカイなんて日本だけじゃないの。

とにかく新製品を開発するなら付加価値という名の下に新しい機能を追加することがノルマになり、新しい機能が付いたから高くなって、世界の人が?の機能を付けても高くて売れないから海外では売らず、文句を言わずに買うのは日本人だけというガラパゴス製品ではないのだろうか。

新しい機能を追加して価格を上げることばかり考えるよりも、薄く軽くする、とか、手入れをし易くする、とか、機能を厳選して価格を抑えるという方向になぜ行かないのだろう。

(普及品を買えばいいという話ではなく、高価格品で耐久性のある汚れにくい素材を使用して、省エネ仕様にしながら余計な機能は付けないという発想で造ってほしい。

高価格=多機能という発想から脱してデザインに優れ、汚れにくく耐久性に優れ手入れがし易く効率よく省エネというシンプルな高級品を日本のメーカーが創る前にダイソンとか欧米ブランドがやったりして)

日本車が輸出を始めたばかりの頃は欧米から品質を不安視されたが、克服して品質不安視されることはなくなり貿易摩擦にまでなったけど、今は中国韓国製品に品質不安視する向きもあるが、これは欧米人がかつての日本製品に向けたのと同じ感覚で中国韓国のメーカーが品質の課題を克服したら、他人事ではなくなる。

☆★☆

エアコン売り場でモックアップ(展示用は機械が内蔵された本物ではない見本品)を開け閉めして辿り着いたのは霧ヶ峰(三菱電機)だった

(山に縁があるね、電車のエアコンも三菱だよ、左右に風を振り分ける吹き出し口にマークがあったよ)

(霧ヶ峰は長野県茅野市八ヶ岳中信高原国定公園の火山で最高峰は1925メートルの車山と言っても噴火したのは75万年前)

エアコン売り場でパッカーンパッカーンとパネルを開閉して掃除のし易さをチェックして回る買い物客はnikoichiしかいなかった。

(店員さんも付き合わされて大変だったね、これで買わなかったら嫌な客だね。)

買う意思は固まっていて最終チェックの段階だったし、店員を振り回して買わずに帰るなんていうのは、行動目標も着地点も考えずに漫然と無駄な動きをしている。

 

なんでチェックしないで平気なのだろう。

お金持ちで掃除は一切合財業者に頼むつもりなのだろうか、それとも買った後で自分でやろうとしてから気付くのだろうか、そういうもんだとあきらめたり、それともメーカーにクレームを言うのだろうか。

買う前にチェックしようよ。

パッカーンとパネルが大きく開くのがあった、フラップは観音開きに出来て通風路に手が入るから手入れがし易い、あったよー。

(因みに霧ヶ峰にはお掃除ロボット機能付きでもロボットをバッコーンと外せる機種(Zシリーズ)もあるからロボット付きでも手入れし易いよと言ったのに、ロボットはいらないだって、頑固)

店に行く前は前のエアコンと同じメーカーやシェア1,2位のメーカーで考えていたけど、実際にお店で手で触れて手を入れ難いからという理由でどんでん返しの結末になりました。

事前にカタログを読んでも(全メーカーではなく最初に候補にしたメーカー(前の機種とシェア1,2位メーカーのカタログだけ先に入手した、全部集めるのは混乱するだけで、求める情報の記載がないとネットで調べたり、問い合わせたり、結局手間と時間がかかる)、自分が求める機能(手入れのし易さ)を絞り込んで触れて(プラスチック部品の硬度(割れやすさ割れにくさ)みなければわからない。

 

コロナ禍でこのような生活ができることに周囲に感謝。

 

それではまた。

 

☆★☆

他所のことは自分事

通勤電車の中で霞ヶ関の入館証を首から下げた人がいた。

ストラップが切れたらどうするんだ、こわい、私はこわい、でも上司や同僚に話すと他所のことなんかどうでもいいと窘められた。

他所のことは自分事ではないのか、世の中にはセキュリティという言葉だけは知っていても無頓着な輩がいると思った方がいい。

新メンバーは勿論、既存のメンバーにも注意喚起を欠かさない心構えが必要だ。

他所のことなんかウチには関係ないと思うか、他所で起きたことはウチでも起こりうると考えるか。

後者を採る。

 

 

 

 

マスクの外し時はいつ?ー人類とコロナの知恵比べ

(ウイルスに知恵なんかあるかー)

ならば尚更知性のない存在に翻弄されていることになります。

☆★☆

どうして顔を洗いましょうと薦めないのか

口鼻目は体へのウイルスの侵入経路だから、外から帰ったら手だけではなく、顔も洗います。(徹底している人は風呂に入るが、する人の意思であり、それを全国民に強制するものではないし、強制するのは非現実的だと思う。無理な事を強制すると反発が起きて却って対策がおざなりになる危険性がある。)

風呂はハードルが高いが顔を洗うくらいが現実的ではないか。

なぜ公に薦めないのだろうか、化粧が落ちるから男女差別だというクレームになるのを慮って言わないのだろうか。

ウイルスよりもクレームの方を怖れているのだろうか。

いいじゃない、化粧が落ちたって、スッピンがきれいだよ と言えば。それとも化粧品会社がソッコーでメイクできる化粧品を開発するのかな。

☆★☆

感染防止のためにマスクは必要だが常用していると抵抗力が落ちて羅り易くなるというジレンマ

(ここで?と思った人は前回エントリーを参照ください)

中々うまい仕掛けだ。

(感心している場合じゃないっ)

これは人類とコロナの知恵比べだ。

抵抗力を低下させないマスクや薬剤の使用方法を模索しよう。

こまめな手洗いだけではなくまめなうがいの推奨を 

コマーシャルで手を洗おうばかり言ってるけど、ウイルスに体内に侵入されないようにうがいもまめにした方がいい。

うがいのエチケットの啓蒙も

高いところから吐くと飛沫が飛び散るので、体を低くして吐きましょう。って注意をするのが面倒だからマメな手洗いだけでマメなうがいを薦めなかったってことはないよね。

マスクを顎下にずらすとマスクのゴム紐が伸びて緩んでフィットしなくなるから、うがいをするときは一旦外したほうがいいし、その際についでに顔を洗えば付着したかもしれないウイルスを落とせる。

うがい薬の常用もヤバい

耐性菌を育成してどうするの。菌やウイルスも存続のために薬に対して抵抗力をつけます。うがい薬は喉がイガイガしたり怪しいときに使っています。常用していたら肝心なときに役に立たない。風邪をひいてないのに毎日風邪薬を飲んでいたら風邪をひいた時に飲んでも効かない。ここぞという時に使わないと意味がない。

(何とかは風邪をひかないって言うけど、ここ10年クリニックに行ったのは健康診断と予防接種くらいだもんね、歯医者は定期検診だし、耳鼻科に行ったのは都合の悪いことが聞こえないのは耳じゃなくて性格の問題だから)

☆★☆

マスクは人にうつさないために着用するものなので周りに人がいない時は外す

風邪をひいて鼻が詰まって口呼吸になっているならマスクをしたほうがいいと思うけど。

ウイルスは電子顕微鏡が発明されてから目視できるようになった微細な存在だから出回っている市販のマスクの目は容易に通過されるので飛沫を飛ばさないよう人にうつさないために着用するものと割り切っている。

現にマスクの売り場のポップや製品パッケージに感染防止に過大な期待をされないように注意書きがあります。

静電気や酵素の働きでウイルスの通過を妨げる特殊フィルターのあるマスクの供給は限られるだろうから医療機関への供給が優先されるべきで、市販のマスクはあくまでも人にうつさないために装着するものだと割り切れば、自ずと使い道も見えてきます。

☆★☆

マスクをしていても口呼吸をしていたら意味がない

※鼻が詰まっているのならやむを得ませんが、鼻が詰まっていないのに思いっきり口で空気を吸い込むと周囲の空気がマスクの隙間からダイレクトに入ってきますので、その中にウイルスがいたら何をか言わんやです。

しっかりマスクをしていたのに自宅待機になった人は口呼吸をしていたのだろうか。

口には鼻のように鼻毛や粘膜といった守りの機能がない。

(口毛があったら食事ができないもんね(笑)

☆★☆

イヤイヤ装着するのではなく遊んだ

(不謹慎だぞ)

マスクをして キャシャーン

(平成生まれにはわかりません)

はたけカカシ(NARUTO)、伊黒小芭内(鬼滅の刃)、キシリア・ザビ(機動戦士ガンダム、昭和生まれだけど平成令和を通じて時代を越えたコンテンツ)、飯棲リタ

(コスプレかっ)

(飯棲リタって知らない)

夜空にお目目がいっぱい(とある科学の超電磁砲T24話)

(誰かこのおっさん止めて。)

☆★☆

覆面も仮面もMASK

タイガーマスクザ・デストロイヤースパイダーマン月光仮面

(覆面じゃないっ)

シャア・アズナブル、タキシード仮面(美少女戦士セーラームーン)、ベルクカッツェ(科学忍者隊ガッチャマン)、ヨロイ元帥、ライダーマン(仮面ライダーV3)、バーマン、ドロンジョ(ヤッターマン)、バットマン

(仮面じゃないっ、しかも口が出てるじゃないかー、口鼻は覆いなさいっ)

仮面ライダーを英訳するとMASKED・RIDERです。仮面も覆面も英語ではMASKです。

アメリカ人がマスクに抵抗するのは、コスプレをさせられるのが嫌だからだろうか。

(んなわけないだろー)

☆★☆

ノーマスク運動はユーモアの欠片もない

マスク推奨に反発してノーマスクで集まって顰蹙を買った集団があったけど、芸がない。

どうせなら、口鼻を覆ったキャラのコスプレ大会をソーシャルディスタンス(参加者はお互いに2メートルの間隔を保つ)で行って、

「マスクをしてくださいっ」

「シテマース」 

「密を避けましょうソーシャルディスタンスを保ってください」

「間隔を取ってまーす」

の方がよっぽどユーモアがある。

☆★☆

手洗いだけではなくまめにうがい、顔洗い推奨。

医師の診断もなしに薬を常用して耐性菌を育成しない。

消毒の際、自分の体のバリアになって守ってくれている常在菌まで殺さない。

周囲(自分の飛沫が届く範囲内)に人がいなければマスクを外して鼻の粘膜、喉の扁桃腺の機能を維持し弱体化させない。

体の免疫、善玉菌や善玉ウイルスは腸にいるから枯渇させないように、一般的にいわれるビタミン、ミネラルのみならず、発酵食品(漬物、味噌、ヨーグルト、チーズ等)、炭水化物(善玉菌の餌)、バランスのよい食事を心掛ける。インスタントやファーストフードばかりで食費を節約したつもりになってもは免疫が維持されずに医者代薬代が却ってかかっている可能性を疑った方がいい。

本来、寿司や天ぷらはすぐ食べられる日本式のファーストフードだ、最小の経費で利益の最大化を目的にして安い人件費で安価な材料を使うところとは区別しよう。

新型コロナは簡単便利を追及した結果、体の中が乱れた人類の生活態度を改める機会になっている警鐘だと思う。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

マスクが必要なときと必要でないときを区別しないリスク

病院で使っているマスクと量販店で買えるマスクの違い

新型コロナ禍以前に病院に薬品を販売している知人からマスクをもらったことがあるが、オーバーヘッドタイプのゴム紐を後頭部で固定して頬に密着させる機密性の高い代物で、フィルタ性能も段違いとのことで、普段ドラッグストアで買っているマスクとは別物という印象をもった。

新型コロナ禍においては当然医療機関への供給が優先されるべきで、ドラッグストアやディスカウントショップに出回って医療機関への供給が不足して医療機関に高値で売られるような事態になるのは本末転倒なので、医療機関に優先的に供給してほしいし、そのためなら別に今自分が手に入らなくても構わない。

☆★☆

市販のマスクは飛沫を飛ばさないための手段

病院で使用しているマスクのような機密性はないのだから、自分の飛沫を飛ばさない用途には使えてもウイルスの侵入を防ぐ効能は期待できない。

だから、飛沫を飛ばさないという目的ならフェイスシールド(こちらの方が寧ろ飛沫が目に入るのを防ぐことができる分マスクよりまし)やマウスシールドでも目的に叶っていると言えるし、外気の刺激を受けるので鼻の粘膜、喉の扁桃腺を鍛えることもできる。

※発声の飛沫は小さいと言われ、マウスシールドでは飛散を避けられない可能性があるので、話すときはマスク、話さないときは粘膜扁桃腺の機能温存のためにマウスシールドと使い分けています。

PCR検査陰性だからマウスシールドのままでもよいと思うが、見知らぬ相手に恐怖感を与えないために使い分けています。

※職務上、マウスシールドが必須と想定される仕事もあるから、飛沫が漏れる可能性があるからと一律に徒に否定するものではない。

厨房等暑い環境ではマスクが汗だくになり、きつい上に濡れることでマスクの効果もなくなる。保育士がマスクをしていたら表情がわからないことで乳幼児が怖さを覚えて精神形成に悪影響を及ぼす懸念があるので、一律にマスクを強要せず、マウスシールドの代替利用が求められる。

☆★☆

マスク常時装着の弊害ー必要なときと必要でないときの区別をしよう

ウイルスの侵入を防げないなら装着する意味はないからもうしない、というのは早とちりです。

人にうつさない効能があります。

咳やくしゃみだけではなく、

自分が発声するとき、会話や買い物をするときは要装着です。

飲食店で食事をしているときも店員に話しかけるときは口を拭いてからマスクを装着します。

外出した際の建物や地下や乗り物の中、人混みでは要装着です。

☆★☆

逆に屋外で周囲に人がいないのに装着しても意味がない

相手と距離があり自分の飛沫を当てる心配がない状況では、寧ろ粘膜や扁桃腺の機能維持のためにマスクが必要のないシーンでの装着は却ってマイナス。

鼻と口への外気からの刺激をマスクは緩和する効能があるので、粘膜と扁桃腺の抵抗力が落ちてしまい、必要のないシーンで頑なに装着していると却って抵抗力が落ちて風邪やコロナに負けてしまう。

 

社内だけではなく、屋外でもしっかりマスクをされているのに、PCR検査結果でお気の毒にも自宅待機をお願いされた人もいる。

nikoichiは建物内、店や乗り物の中、駅の構内、人混みではマスクを装着しているが、開けた屋外ではマスクを外し、人に話すときはマスクを装着するがPCR検査は陰性。

終始マスクを外さなかったマスク原理主義氏は何故かPCR検査結果で自宅待機を願うことになった。

気をつけていても運が悪ければ感染するのだから、感染者を一方的に非難はできない。

だからといって、気をつけても報われないことがあるなら、何をやっても無駄というのは違う。

努力だけ100%もなければ、運だけ100%もないのですから。

☆★☆

顎下マスクの人は マスクをするな と言ってほしいのかな

口鼻全開なのでマスクをしていないのと同じです。

マスクの無駄遣いです。

マスクの無駄遣いだからするなと誰かに言ってほしいのかな。

そうなれば免罪符を得たつもりにしたり、言った人のせいにして、堂々とマスクを外せると思ってるのかな。

本当はマスクをしたくない、でも周りの目があるからマスクをしたフリをするために、マスクを耳にかけて口鼻全開にして、マスクしてるからいいだろ、文句あるか、マスクで口鼻を覆えという法律でもあるのかって開き直りたいのかな。

周りに人がいる状況で口鼻全開顎下、屋外の周りに誰もいない状況で、マスクで口鼻を覆っていたら天の邪鬼です。

☆★☆

マスクを免罪符にして、手洗い、うがい をしないってヤバいでしよ

公衆トイレの個室から出てきてマスクはしてるけど、手を洗わずにソッコーで出ていったりする人がいるけど、その手でお店の品物に触って買わずに帰ったりしてないよね。

(特に食べ物はやめてほしい)

(手を洗わない人をセンサーで検知したら出られないようにするために、トイレの個室以外にトイレの出入口にもドアが設置されてロックがかかり、手を洗うまでロックが解除されずに出られない。

そいでセンサーの故障不具合停電電気系統の不具合で使用ができなくなったりして、こんなややこしいことになったのは、トイレで用をたした後で手を洗わない人のせいだ、とバッシングの対象になる)

 

外から帰ってきて、マスクを外せないから うがい をしない。

顔を洗ったり(付着したかもしれないウイルスを落とすため)、うがい をするためにマスクを外すのが面倒なのか、周囲の目があるから一瞬たりともマスクを外すわけにはいかないからと うがい をしないでオフィスで咳をかましてくれる。

(一生テレワークしてて下さい)

 

ゴム紐を耳にかけたまま、マスクを顎下にずらして うがい をする人もいるけど、ゴム紐が伸びて弛んでマスクがずり落ちたり、隙間ができてもはやマスクの用を為さない。

☆★☆

脅迫観念なのか、イヤイヤ装着しているのか

何時如何なる場合でも有効で必須なわけではない。

必要なときと必要でないときを区別しよう。

区別しないでのべつまくなしに装着してるから疲れてるのだろうか。

(その上、春夏の常時装着で却って抵抗力が落ちて感染再拡大)

 

脅迫観念でマスクを装着しているから反発して変な使い方をする羽目になっているのではないか。

 

それではまた。

 

(次回はマスクの外し時)

 

トランプ氏に振り回されていたら世界の海千山千と渡り合えないでしょー2度目で諦める大阪都構想って…

どちらが勝ってもノーサイド

勝った方はどんなに相手が気に入らなくても敗者の健闘を称えるノーサイドの精神であってほしい、勝った方が負けた方を罵倒したりしたら、しこりどころでは済まない。

もはや銃弾の飛ばない戦争になっている。

敗者を罵倒するようなことがあってはならない。

南北問題ではなく沿岸内陸問題(貿易で潤う沿岸部と置き去られた内陸部の対立の構図)があるから、どちらが勝っても内陸部の復興が重要課題になり忘れたままでは国が割れてしまうのではないかという緊張感をはらんでいる。現状維持の補助金漬けでは終末医療になってしまい、新たな産業を呼び込む施策が求められている。

☆★☆

トランプに振り回されているようじゃ世界の海千山千と渡り合えないんじゃないの

もしも選挙の結果がバイデンの勝利と発表されても、フェイクニュースだ、開票集計に不正がある、裁判だ、ごねてごねて政権移行を遅らせたり、受け入れられないと支持者が暴動を起こしたり、どさくさ紛れで商店から品物を奪ったりする騒ぎに便乗する火事場泥棒が出たりした時に、権限のある側が行動するかしないか、権限のない側は権限がないからと言って非難をするだけか行動するかを見て国民は指導者としての資質を見出だすのだろう。

☆★☆

アメリカは大国で他の国への影響が大きいのでクローズアップされるが、大国でなくてもとんでもない指導者の国はある。

とんでもない、メチャクチャだ、と言ったところでもっとメチャクチャな指導者を頂く国もあるし、交渉や対立の場面もあるのだから、世界のメチャクチャなワケわからん奴に較べたらトランプはかわいいものだと思えるぐらいでないと、世界の海千山千と渡り合って行けないのではないか。

 

まさか、幾らなんでもこんなことするとは思わなかった、なんて言ったら国民に何を寝惚けたことを…頼りないと思われてしまう。

どんなことでもやりかねないと警戒し対応するかを見られている。

 

それではまた。

☆★☆

二度であきらめる大阪都って大した構想じゃなかったんじゃない

国家百年の計と言うけど、二度否決されたら止めるんじゃ、大した構想ではなかったということではないか。

本当に大事で重要で必要と考えているなら二度で諦めるってありえない。

この騒動は何だったのか。

☆★☆

二重行政の解消という一見キレイゴト

東京都の場合、元々は東京府東京市だったから今の大阪みたいな制度だったけど、戦争中の昭和18年に中央集権的な発想で東京市を区割りしたのが都区制なわけで元々戦時体制が発端です。

23区は住民税や固定資産税を東京都に召し上げられて交付されるので、住民サービスに区独自の施策を盛り込むことが出来ない。例えば千代田区が千代田市であれば大企業の本社が多数あり豊富な財源を生かして住民や昼間の住民(サラリーマン、学生)に独自の施策やサービス、災害対策、インフラ修復、災害時の帰宅難民問題の事前対策としてのテレワーク補助等の施策が採れるが、財源の少ない区との貧富の差の解消として召し上げられてから分配されるのは悪平等のきらいもあるし、交付されずにそのまま東京都の財源になっている分も当然あると考えるのが自然ではないか。

 

23の区を単に23の市に分けるのではなく、近隣市との合併もありうる。

市制にして市独自の財源で行政サービスの施策を行える戦時体制前の府市制に戻してほしい、つまり今の大阪京都と同じ制度です。

☆★☆

新しそうだけど実は先祖帰り

何で今頃戦時体制みたいなことしたいのかな。

そんなつもりは毛頭なくて、効率がいいと思ったけど実はそれほどでもないから、話がこれ以上尾を引くとマイナスだから引っ込めた方がいいと判断したのだろうか。

☆★☆

維新と公明党カップリングって謎

理念よりも票集めか。

学会票を当てにしての数合わせか。

そんな組み合わせをしたら、二党以外が反発して否決の原動力になってしまう。

特に自民党大阪府連は意地になっても阻止にかかると思わなかったのかな。

国会運営で自民と公明の連立で過半数を維持している状況で、大阪で維新と公明の連立で住民投票過半数を取られたら、大阪自民のメンツまる潰れになると必死になって阻止にかかると思わなかったのかな。

組んではいけない相手と組むとロクなことにならない。

自民党と連立政権を組んだ村山政権後の社会党の末路は政界では有名な話ではないのか。

想像上の自民党共産党カップリングの次にありえない組み合わせだった。

☆★☆

USJの次はトランプタワーの誘致を

(どういうこと)

トランプ氏を代表にして自民党にも中国にも強気に出られる。

でもトランプ氏が代表で維新の会は異人の会に改名しました。

(くだらなすぎる)

(強気はアメリカの大統領の立場があるからでしょ)

(気にしないんじゃない、自家製憲法で永遠の大統領にしちゃうから)

(いーかげんにしなさい。)

 

 

 

 

 

 

マニュアル・フロー越えを求められる人間ーマニュアル以下はAIに取って代わられる

ヒューマンエラー回避で自動化は進んできた

人間は疲労して集中力を欠いたときにミスをするし、同じ動作の反復繰返しは苦痛であるからと単純作業はコストとの折り合いの中で機械化されてきました。

☆★☆

機械は裏切らないという信仰

人はサボる、遅刻欠勤ズル休み、出勤していても時間を潰してお金は出ていく。

機械ならそんな心配はいらない。

機械の故障不具合と人間の遅刻欠勤サボり或いは体調不良や家庭の事情等やむを得ない場合もあるが、どちらが確率が高いのかとコストを基準に比較されると人間の側の分が悪い。

この罠に嵌まらないためには、人間に出来て機械に出来ないことが求められ、機械的な仕事ぶりでいると機械にさせた方がましという判断になるから悪い意味で機械的な対応しか出来ない人は淘汰される日が来る。

つまり人間らしく仕事をすることが求められる。

安けりゃいい、機械的なサービスで一向に構わない、という人は人間を廃するサービスを利用することになるが、不安定な立場の人が安いからという理由で人の立場を不安定にするサービスを利用するという矛盾が起きる。

☆★☆

説明不足も説明し過ぎもよくない

相手の反応を見ながら、より込み入った噛み砕いた説明が必要だと判断して説明のやり方を変えたり、相手は細かく説明しなくても理解されているようだと相手にとって余計な説明を省いたり出来るのが人間です。

もうわかったよ、お腹いっぱいだから、という様子の相手にこと細かく延々と説明をすると、もういいよ、さようなら、空気が読めないな、と破談にされます。

相手の反応、様子を見ながら合わせて説明を変えるのではなく、相手がせっかちなのかノンビリなのか相手に関係なく相手の反応にお構い無く同じテンポで同じ説明を繰り返すのは機械的な対応なので機械にとって代わられます。

☆★☆

どんな場合でも、あらゆる状況に対応できるマニュアルが完備されてないと仕事が出来ないと文句を言う人は代替の筆頭候補

柔軟性のかけらもないならAIに覚えさせた方がましという判断をされて淘汰の対象にされます。

マニュアルを考える側、マニュアルを直す側、マニュアルの参考になる熟練者といったAI以上になるのか、マニュアル超え(マニュアルからの逸脱とは違います)か、マニュアル以下かが分かれ目です。

☆★☆

一字一句マニュアル通りにするのは機械の実験

ルールから逸脱しなければルールの範囲内で工夫をさせるのではなく、とにかく一字一句一挙手一挙動をマニュアルと一切違うことをしてはいけない。

ってもしかしてマニュアルをAIに覚えさせて実装させる準備のための実験かな?

(妄想です。一般的にマニュアルやフローは人によって差がつかないように作成されるものです。)

一般的にはね、でも別の用途を考える人もいるんじゃない。

☆★☆

個人間のみならず法人間にも貧富の差

富む者は益々富み、貧する者は益々貧するのは個人間のみならず、法人間にもあります。

ユーザーの支持不支持とは別に(本来は別の筈じゃないが、下方修正に終始していると最初の誤りが全体に及び不協和音を奏でる。)

経営計画の一環として販売計画やサービスの加入者数の計画が立てられます。

達成できないと出資者、株主や銀行から追及されたり資金の引き上げにあうので、達成するために予算が注がれますが、注いだ予算に対して効果が上がらないとそのことについて指摘追及され、予算をかけるとそのことでまた追及されるからと予算をかけずに人を増やすと一人あたりの人件費が抑えられ、それ故に人を集められないことによる人手不足に陥るとレベルを満たしていなくても選んでいられなくなり来る者を拒まずの状態になる。

採用レベルを下げることはサービスレベルを下げるつもりであることの表明になることに無意識で人を増やすことに躍起になると更に自らの首を絞めることになる。

サービスレベルの低下は客離れを引き起こし益々トップと差をつけられ、貧富の差になる。

☆★☆

売上が好調なトップはライヴァルよりも高報酬で人を寄せて選べる立場になり、レベルに達しない人にはご遠慮願ってサービスレベルを向上させてイメージアップしてライヴァルに更に差をつけて貧富の差を拡大させます。

でもトップ企業も最初からカネがあったわけではなく、価値の提供というギブの結果であり、ギブより先にテイクを求めていたわけではない。

先行者は価値の提供を目的として多く餌を撒いておいて後から大きな獲物を釣り、追随者は成功事例を見てからカネを目的に参入して即効性の儲けを当てにしてももう獲物がいない。

☆★☆

問題行動を起こすのは人件費が安くて人を選べないからと増額を求めても説得力がない

ギブ(価値の提供)が先でテイク(報酬)が後です。

結果を出したから交渉できるのです。

そこで初めて正当に評価されるかされないかの話になります。どこでも評価されないトラブルだらけで、もっとくれと言ったところでスルーされます。

☆★☆

考え抜かれた製品サービスー最初が肝心

最初の企画規格に失敗すると、あらゆる部門に影響が及ぶ。

総人件費を抑えて一人あたりの人件費を上げるために無闇に人を増やさないようにしたくても、計画通りにいかないからと集客やトラブル対応や解約引き留めのために人の頭数を増やさなければならない羽目に陥いると更に傷を深くする羽目になる。

需要が旺盛だから人手不足なのではなく、計画通りにいかないから人海戦術のための人が集まらないからという理由で人手不足だというのは人財募集ではなく猫の手でも借りたい人手募集です。

人材募集の広告には人材募集と人手募集があります。

離職率で、経験豊かなスキルの高い人財で顧客満足度、利益の向上か。

離職率で入れ替わりが頻繁でスキルが向上しない人材で顧客満足度、利益の低下か。

☆★☆

人が増えるのはプラスだけではなくマイナスの場合もある

余計な業務を発生させて既存のメンバーを疲弊させたり、取引先や顧客からの信用を失墜させたり、マイナスになる場合もある。数字合わせのためにレベルを落として押し込むようなことは厳に慎みたい。

☆★☆

能力を伸ばすことは出来ても性格・価値観を変えることは出来ない

性格や価値観を変えようとすることは洗脳といわれブラックの烙印を押されます。

価値観の合う人がまったく来ないと文句を言ったところで世の中の大半の人と価値観が合わないのなら、世の中に必要とされる組織ではないので消える運命にあります。

構成員が既に価値観が合っていなくて合っているフリをしている可能性もあります。

価値観が合って共感して貢献しようとすれば能力は向上するので、俗に謂われるコミュニケーション能力を求めたりはしない。

共感があれば伸びるものだから。

共感があれば能力は伸びる、最初ボソボソ話していた新人がハキハキしゃべるようになったり、最初は大丈夫かな?と思っていた人から新たな工夫を提案されて助けられたりするのだから能力は後天的で後から伸びるけど、性格価値観は先天的なものだから合わないと能力も伸びないが、別のところなら伸びる可能性がある。

期待外れだった人がどこでも期待外れとは言い切れない。

 

価値観が合わないと、貢献する気が起きないので伸びない。

後から伸びる能力(程度の問題もあるのでしょうが)よりも後から変えられない価値観性格の方が大事だと思っている。

☆★☆

能力があっても悪い方向に使われたらマイナス

能力があっても共感がないと情報漏洩や横領等不正や犯罪に手を染める人もいるので、能力があっても価値観が合わない人にはご遠慮願うのがお互いの為。

別の共感できる組織と縁を持って所属したら犯罪に手を染める羽目にならなかったり、逆に活躍できるかも知れない。

能力だけで価値観が合わないと結局ミスマッチの罠に嵌まる。

 

☆★☆

発案者のメンツのためにやめられない

やめられない間に在庫が積み上がり、在庫整理のための叩き売りで採算が悪化。

やめるのか、復活の目があるか、どちらにしてもその根拠はと延々と会議を続けたり、会議のための資料作りに忙殺している間に在庫が積み上がる。

☆★☆

やらなければいけないのは資料作りよりも出血を止めることだが

減点主義が行き届いた組織では、責任をもつことは貧乏くじ扱いされて、誰に責任を押し付けるかの画策をしている間に在庫が積み上がる。

だから言ったんだ。

(言ってない言ってない)

早くしろ。

(だったら自分でやれ)

お鉢が回らないように見て見ぬフリをされてトップが知り行動に移すまで保留される。

(悪い言い方をすれば放置)

☆★☆

権限=責任という幻想

責任を取らされるばかりで権限がないのがおかしいという言説があるけど、権限がないから責任を果たさないというすり替えではないか。

権限がないから黙ってろ、黙っていようという方向に行き勝ちで、権限がないから見て見ぬフリをするのは職業倫理に反するのではないか。

責任=権限ではないのだから、意見はOK。

責任=権限でなければならない。になると何も意見が言えないことになる。

販売責任が二倍になったからといって権限が二倍になったり立場が入れ替わったり二階級特進になったりしないのですから、権限=責任は幻想です。

権限=責任 の使い道としては責任の取れない実行する権限のないことを約束するな、という場合です。

☆★☆

朝令暮改はOK

一般論として朝令暮改は定見の無さを批判する言葉ですが、人間のやることが常に正解というわけにはいかない。間違いに気付いているのに改めないのは寧ろ定見がない。

設計ミスがあるのに朝令暮改はよくないと改めなかったら事故になります。

だから朝令暮改はOKです。

毎日毎週朝令暮改をする、そこまでの人は見たことがありません。

でも間違いに気付いたり、もっといいアイデアがあるなら5分前のことでも変えていいと思っているし、一々怒ったりしない。それで提案を躊躇されるのはマイナスだと思っているから。

(それもフリーダムすぎると思うけど)

 

それではまた。

 

 

独裁制とは責任を取らない政治体制です

自由が苦痛という病

自分で考えることが苦痛、自分で責任を取ることが苦痛、誰かが全部決めてくれればいいのに。

自分で決めたことではないから自分は悪くない。

結果がよくなければ政治が悪いと文句を言っていればいい。

独裁を望む心です。

そんなことは一言も言っていないと抗弁してもそんなつもりは毛頭なくても実際の行動で支持してしまっています。

☆★☆

でも独裁者は責任を取ってくれません

独裁者の責任云々を言う人は逮捕すればいいからです。

自分で何もしたくないなら唯々諾々と従うか、内紛や内乱で誰かが倒してくれるのをひたすら待つのみになります。或いは外国の介入かもしれません。

☆★☆

もっと悪くなるかもしれない

独裁者が倒れたから万々歳になるとは限らない。もっと強権的な政権になり前の方がまだマシだった。

共通の価値観を持たない外国の力で解放されて喜ぶのも束の間で、解放という名の囲い込みで文化・思想を押しつけられたり、古来の文化を禁止されたり、名ばかり解放で実態は支配の象徴として傀儡政権が発足します。

☆★☆

警察と軍の掌握は必須

たとえ選挙のある国でも、支持を失っても話し合いに応じないで権力の座にしがみついていると次期権力者がしがみついているのは憲法違反だと警察や軍を突入させて引きずり下ろします。

選挙のない国では次期権力者と目される人が警察や軍を掌握すると引きずり下ろしにかかります。

或いは暴徒と化した民衆から守ってくれるのは警察や軍ですが、掌握してなければ守ってくれず、民衆に引きずり出されて私刑(リンチ)に遭います。

なので、掌握するために警察や軍を厚遇するように予算が配分され組織が肥大化し、軍事費も増大しがちです。

☆★☆

この程度の国民にはこの程度の政治ですよ(秦野章 元警視総監 元法務大臣(第一次中曽根内閣))

べらんめえ調のもの言いで物議を醸したが本質を突いていると思った。

穏当な表現としては、

「民主主義国家においては、国民はその程度に応じた政府しか持ち得ない。」(松下幸之助)

何が正しいのか、何が国民全体の利益に叶うのか、家庭でも学校でも見極める目を育てる教育が必要だと訴えました。

選択を誤ると自分の生活に帰ってくる。

そんなつもりは無くても政治に無関心は自分の生活に無関心につながる。

無関心を強制されるのが独裁制です。

(同調や称賛だけで批判が全くないのは関心があるとはいいません)

「国家の価値は、結局国家を組織する人民の価値である。」J・S・MILL(イギリスの哲学者)

☆★☆

日々の些事は小骨を取るようなこと

自分が無関心であっても自分のことは覚えておいてほしい、寄り添ってほしい。と願っても無関心は自分の生活に帰ってくる。

手続きが面倒、根回しが面倒、確認するのが面倒、責任の所在を明らかにするのが面倒、よきに計らってほしい、上げ膳据え膳であるべきだ、何でも簡単、シンプルが正義だ。

それはあまりにも味気ない世の中を望んでいます。

例えて言うなら骨無しの肉魚ばかりを食べるようなものです。

(唐突な飛躍だね)

骨無しの肉魚は骨付き肉魚に較べて味が足りない。

(味わいのない人生になるってこと?)

外食では骨付きのメニューがあるなら骨付きを選びます。

煮たり焼いたり蒸したり揚げたときに骨のエキスの旨味が出ます。

骨なしばかりを食べていたら素材の本当の美味しさを知らないままで終わります。

 

日々の些事とは小骨を外すようなことです。

簡単だけを推し進めるとは味わいのない生活です。

喜怒哀楽も失意も達成感もない、ひたすら簡単だけを追い求めて頭を使うことを忌避しているとボケてしまいます。

 

面倒なことが起きたら、魚の小骨です。外しながら食べたら美味しそうと思うことにしています。

でないとやってられません。

(でしょー)

(いや、困らせてやっているのにニコニコされたら相手方は気持ち悪い、何を考えているんだと思うよ)

☆★☆

面倒だから何でも決めてほしい とは独裁を求める心です

でも独裁社会は独裁者のお気に召さなければ工夫を否定されて、骨無しの肉魚の味しか知らない世の中です。 

それではまた。

 

 

クレーム=怒り という誤解

怒り出してからクレーム対応しても手遅れ

非があっても間違いを犯していても怒られてないからクレーム案件ではない。という考え方は危ういです。

怒られていなくてもクレームです。

間違いを犯したなら相手が怒っていてもいなくてもクレームです。

 

怒られてから怒り出してからクレーム対応しても手遅れです。

どんなに穏やかに言われても、発覚していなくても非があるなら間違いがあるならクレーム案件です。

バレてないから、怒られてないからこのままでいい、静観しよう、放っておこう、見なかった聞かなかった知らないことにしておこう。

永久にバレない保証はありません。

誰もバレない保証なんてしてくれません。

☆★☆

腹の内に収めて墓までは無理

損をした不利益を被った側がいつまでも黙ってくれる保証なんてありません。

被害が広がるほど口止めが困難になります。

口止めに奔走するとそれだけ状況証拠が残ります。

自然寿命まで隠し通せそうにないから墓に入るのを急ぐなんて本末転倒です。

☆★☆

逆に相手がどんなに怒っても誤っていないならクレームではない

言いがかりをつけられて、とにかく怒っているからと、ひたすらに謝ることはありません。言いがかりや理不尽な怒りには毅然と対応すべきで卑屈になることはありません。

出るところに出ると言われても、怯むことはありません。

脅して特別扱いを求めてくるのなら、逆に相手が自ら非を認めているようなものです。

☆★☆

出るところに出るハードル

訴える先の機関も暇ではないのですから税金を使うのですから何でもかんでも受け付けられるわけではありません。

門前払いされない訴状を作成できるのか、公序良俗に反する、自己中、趣旨論点が不明瞭、弁護士に相談しても恥をかくだけだからおやめなさい。

☆★☆

訴えられて召喚状が来たことがない

憲法32条で国民は裁判を受ける権利があるので止めることはできないので止めません。

訴える、出るところに出ると言われたのに裁判所から召喚状が一向に来ません。

訴えなかったのかな。

☆★☆

怒りとクレームは別問題

誤った対応や処理をしたのなら相手が怒っていなくても表沙汰になっていなくてもクレーム案件です。

怒ってないから、表沙汰になっていないからと放っておくと火事場騒ぎになります。

事を大きくするな、静観しろ、それが事を大きくする原因になります。

すり傷切り傷のうちに処置をするのか、そんなの小せえ小せえ、すり傷切り傷なんか放っておけ、と放置している間に重症化して手術する羽目になってから騒ぐのか。

☆★☆

クレームとカスハラは別問題

当方に非があるのは先方の温度感に関係なくクレーム案件です。

威嚇恫喝言いがかりや過大な要求はクレームではなくカスハラです。

クレーマーではなくカスハラーです。

 

それではまた。

 

 

サマーズ博士は拍子抜けしたのではなかろうか

 

 

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?
 

 

ローレンス・サマーズ博士…クリントン政権時代の財務長官、オバマ政権の国家経済会議委員長、20代の史上最年少でハーバードの教授に就任した経歴の持ち主。

HBS(ハーバード・ビジネス・スクール)の大講堂で博士が日本経済の抱える根本的なシステム上の問題について持論を展開した際の著者の質問の記述を読んで、違和感を持った。

(違和感を覚える、違和感を感じる、違和感を持つ、どれもOKです。違和感を感じるは頭痛が痛いみたいで美しくないけど)

 

「日本経済が失われた15年(当時)からどう立ち直れるのか、処方箋としてのあなたの考えを聞かせてください。今日のスピーチは印象深かったが、解決策が提示されていなかったように思います。解決策としてのアイデアを聞かせてください」

 

著者の指摘はさらっと流されたという。

そりゃそうでしょ。

平たく言うと、先生答えを教えてくださいって日本の学校じゃないのに、郷に入れば郷に従えと言うのに、場違いではないのかと思った。

※nikoichiはハーバードは勿論、海外留学の経験はないので、あくまでも想像です。

(そんなこと断らなくても誰も思わないから。)

☆★☆

日本経済へのダメ出しを滔々と述べた後の最初の質問者が日本人。これは期待できる。

それなのに 先生答えを教えてください。って。

まさかここで文化ギャップにお目にかかるとは思わなかった。

それはあなたが解決策を考えて答える番でしょ、日本人なんだからと博士は思ったんじゃなかろうか。

ダメ出しをした、つまりヒントを出した。それに対する自分の解決策を述べて、それに教授が意見を述べたりダメ出しをして、他の出席者からも質問や意見が出て議論が活発化する。講義が活性化して有意義なものになる。

 

それなのに 先生答えを教えてください。って。

日本式に言うなら空気を読んでください。

ゴールドマンサックスという社会経験があるのに、日本の小中高で受けた日本教育の地が出てしまったのだろうか。それが原因でコミュニケーションギャップが生じたのだろうか。

 

失われた15年(当時)は事実だから事実に対しては反論できない。なるほど!おっしゃるとおり!いいね!では議論にならない。

 

日本はどうしてそうなったのか。という逆質問に政治経済歴史について問われた際の教養が問われる。

規制緩和が進まない理由、既得権益や社会構造、それを育んだ歴史や教育システム、選挙制度を含む政治システム。

その答えは著者が日本での所謂一般的な就職のレールに乗らずにゴールドマンサックスに入社しHBSでの講義を受ける選択をした理由の中にあったのではないか。

☆★☆

極端な話、教授の模範解答は不要

答えとは練り上げられるものです。

質問によって講義の受講者が考えるモードになり、解決策を考えるチームになる。

教授のダメ出しとは問いかけです。それに対する答えは受講者が出し、博士がそれに対する見解を述べ、他の受講者がさらに意見を述べて答えが練り上げられていく、正解であるかないかは経済は実社会の問題だから政府や中央銀行や各公的機関、企業の活動経過によって証明されて、経過がよくないと判断されれば修正されたりするものです。

 

正解は先生が知っているという単純なものではなく、ゴールドマンサックスという実社会における経歴があるのに、(マッキンゼーはHBS卒業後)その経験を踏まえた考えを披露されることが期待されるのに、そこに博士や他の出席者の意見で議論が練り上げられたらどんなに日本経済にとって有意義な講義になったのかと思うと残念。

それで価値が上がって本が厚くなって価格が上がってもいい。

☆★☆

英語でしっかり反論できないことにもどかしさを感じたことが記述されています。嗚呼日本人

世界中の世論は結局英語で論じられた主張で形成される。日本語でいくら意見を発しても誰も聞いてくれないと。

☆★☆

英語力の不足とは語彙力の不足のことであろう

英語力とはTOICの点数といった話ではなく、まずは経済について日本語で主張すべき内容があり、それを表現する語彙力が求められる。つまり流暢に会話をすることを指すのではなく、会話の中身、内容のある話でないと相手にされない。日本語で言うべき内容があるか、それを英語で話せるか、今は翻訳ソフトがあるが、その翻訳が相手に伝わるのか検証できるか、という意味ではないか。

☆★☆

人の意見は最終回答ではない

完璧でないと笑われる。日本人、ゴールドマンサックス、ハーバードという組み合わせが完璧主義に拘りを生んだのだろうか。

他の国の留学生も同じとは思えない。

既に結論が出ていても、拙くても、隙あらば結論を変えようとしつこく抗うことは畏れ多くてできない生真面目さが窺えます。

評価に響く、恥をかく。そのことをどの程度気にするのか、それを一番気にするのが日本人ではないか。

☆★☆

本は突っ込みながら読むもの

なるほど、納得、だけではなく、そうかな、こっちの方が良くね、と突っ込みながら読んだ方が得るものがあると思う。

突っ込んでみたら日本人論に行きついてしまった。

(もう結論は出ている!しつこいぞ!いい加減にしてくれ!と嫌がられるあんたは日本人らしくない?)

潔いとあきらめは違う。

日本の社会では引いた方が有利という場合もある。損して得取るという言葉もある。

義理人情の話で、それがない相手に引いたら後がない。

 

国際社会では引いた方が有利なのか、損なのか、しつこく結論を変える画策をするのが有利なのか不利なのか、譲れない一線に追い込まれる前に先手を打っていくことだと思う。

 

それではまた。

志望動機"人の役に立つ仕事をしたい"に違和感ー役に立たない仕事ってあるの?

志望動機で 人の役に立つ仕事をしたい には違和感があります。

そもそも人の役に立たないのは仕事ではありません。(学問は人々の知的興味を喚起、芸術芸能スポーツは人々に活力を与える心理的影響を与えるという意味で役に立っています)

厳密に辞書的には違うという意見もあろうが、労働の結果が役に立ったら仕事をした、役に立たなかったり立つ見込みもないと仕事ではなく作業止まりと評価されます。

 

人の役に立つことという集合の中に含まれるのがボランティアや仕事であり、人の役に立つ集合から外れたものは仕事ではありません。

人から搾取している、ぼったくっている、騙している、のなら名目がお給料でもそれは給料ではなく分け前です。

オレオレ詐欺が仕事のわけがありません。

仕事=金でしかないという認識でいると金のためなら何をやってもいいと犯罪に手を染めることになります。

一攫千金を狙う詐欺師や泥棒が 自分たちのやることを 仕事 と言うのなら真面目に地道に仕事をする人をバカにして仕事を揶揄する隠語です。

人の役に立つ仕事をしたい。と思っている人は 仕事は金でしかない。と思っている人よりは仕事の本質に近いと言える。

仕事の原型である狩や採集、加工調理(食べられる大きさに切ったり焼いたり)、住居の確保保全は貨幣が発明される前からあったのですから。

☆★☆

法に触れていないからといって仕事であるという証明にはならない

法律は人がつくったものなので不備があります。法の穴を掻い潜るといいます。法に触れてないからといって、だから仕事であるということにはなりません。

法律上クロとはっきりしているのではなくグレーゾーンであるときに、

仕事であるか否かの判断、仕事として認識するかしないかの分かれ目は人間の共生本能にある良心が咎めるか咎めないかです。

(荒んだ環境にいたり信頼や愛情を育めない状況にあると他人を踏み台にしてでも自己生存が最優先になり共生本能は劣化するので、生育環境・生活環境にも左右されます。)

☆★☆

会社という形態を採っているから仕事とは限りません

会社という形式を整えていても、詐欺紛い、ねずみ講紛いのことをして摘発されることもあります。

法律スレスレでも限りなくクロに近いと判断した場合はグレーゾーンに踏み込んで判決次第では前例になるという摘発する行動原理があります。

それを機に法律改正が行われます。

☆★☆

仕事の本分は社会の、人の役に立つことです

本分を忘れて私利私欲に溺れてしまったらもう仕事ではありません。

私利私欲のつもりではなくて組織防衛のつもりでデータや書類の改竄や隠蔽も仕事の本分を忘れています。

仕事ではなく隠蔽の作業です。

組織絡みなら組織が仕事の本分から逸脱をしたのです。

☆★☆

大前提として人の、社会の役に立つのが仕事です

個人事業主や企業や団体の提供する製品やサービスや行政の提供するサービスが人の、社会の役に立つから仕事といえるのです。

今すぐ役に立つという短絡的なものではなく、文芸や芸術といった文化や芸能、スポーツは仕事をする人々に活力を与えるという意味で仕事です。

誰のためにもならない、被害だけをもたらしているのなら、たとえお金を受け取っていても分け前であり、報酬や給料と呼べるものではありません。仕事ではありません。

☆★☆

金がほしいだけ、人の、社会の役に立たないことをしたいなら犯罪です

人の役に立つことをしたい というのは仕事の大前提であり、志望動機には該当しません。

最低限の当たり前の話扱いになります。

就職とはいうものの事実上は大半は就社、就所、就省庁です。

どうしてそこを志望するのかは個別の問題で普遍的な志望動機、どこにでも使い回せる志望動機という便利なものはありません。

自身の過去現在未来、過去現在取り組んだこと取り組んでいることとの接点、結論に結び付くエピソード、マッチすると判断される以前に自身でマッチすると判断した経緯・背景、相手と自身のことをどれだけ知っているか。

よく知らない、有名だから、どこにでも使い回せる美辞麗句は見抜かれてスルーされます。

どこでもいいんでしょ、誰でもいいんでしょ、彼女彼氏相手が誰でもいいなんてあるわけがない。

(*相手…横文字のパートナーにすると共同出資者とかも含まれて広い意味になるので)

人の役に立つ仕事をしたいとは、まともなところならどこでもいい、という意味になります。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

違約金は通信会社にとってもマイナスじゃないのー料金が下がらない理由

家電量販店の携帯コーナーで サインをお願いします。とタブレットを差し出されたので、何のサインですか と問うと一瞬戸惑った様子で、ルーターの購入契約のサインで一括払いでカードから引き落とされる旨の説明があった。

 

最初からそのつもりだから異存はなかったが、何故戸惑うのか、タブレットを差し出されたら何のサインなのか訊く客がめったにいないのか。

何故だ、何にサインをするのか気にならないのか。店員にサインをしてください。と言われて何も訊かずにサインをするなんて店員のロボットではないか、客が店員のロボットって何てシュールな光景だろう。

☆★☆

何も訊かずに購入契約のサインの認識もなくサインをして、後で購入のサインをしたつもりはないとか騒ぐ人もいるのだろうか。

フツーに訊けば店員はフツーに答えるのに、何故訊かないのか。自分はお殿様級のお客様だから黙っていてもよきに計られていると思っているのだろうか。

 

契約とは契約する前によく確認して、納得できないところは揉めて詰めて、契約した以上は遅滞なく支払う。

そうではなく、あやふやに何となく揉めることもなく契約して、後から そんなつもりはなかった、聞いてない、と支払いで揉める。そういう人がクレーマー呼ばわりされるのではないか。

揉めるのは契約する前にすることで、契約した後からするものではないと思っている。

その方が時間とお金の節約になる。

☆★☆

契約する前に揉める効能

納得のいく内容で契約したのだから後は契約通りに支払えばいいだけ。

よくよく確認しないで事前に何も調べないで何も訊かないで呼び込みや勧誘に引っ掛かって鵜呑みにしてプッシュされて言われるがままに契約して、そんなはずではなかった。納得できないと後で揉めたりしてるのなら、何て時間とお金の無駄なんだろう。

nikoichiは予定にないものはどんなに今だけお得と言われても不要なものはお断りする。

不要なものはタダでもいらないものです。

タダと言われて まあいいか と飛び付いても実際はタダではなくて後で揉めるなんて悲喜劇を起こしても相手は法律武装して面倒なことになり時間とお金の浪費になる。

タダほど高いものはない と言いますが、タダと言われることほど高いものはないのです。

(ホント、ノリの悪い人)

別にそう思われてもいいけど。

☆★☆

甘えの構造

解除料は業界の甘えで解約費用援助は消費者の甘えだと思っている。

契約の更新期間内でなければ、解約するのに解除料がかかるので、それが壁になって乗り換えを引き延ばす、納得していないサービスを我慢しながら続けるのは精神的にストレスだろう。

契約によっては工事費や撤去費用や機器代金の精算もあるのだろう。

うっかり納得できないサービスに加入してしまうと余計なお金と時間を消費してしまう。

もしも違約金の収入を見込んだ予算を立てたり、早く予算を立てろと発破をかけられてそのために残業したり(今はリモートだろうけど)、しているのなら滑稽。

☆★☆

解約のハードルが下がれば品質の向上に注力される

解除料が廃止されたら解除料金という壁で解約を思い留まらせることはできなくなるので、解約を思い留まらせるためには、それ以前に解約する気にさせないためには、品質の向上に注力することになる。

解除料を廃止すれば業界で品質競争になり、日本の技術力が向上する。

(値下げ競争になるんじゃないの。)

価格重視と品質重視。或いは両方のバランスが今よりもよいバランスになるのではないか、解除料で逃げることができなくなれば。

☆★☆

キャッシュバックもいらない

乗り換えてくれるなら今の契約の解約にかかる費用を負担します。

そういうものがあるから、選択を失敗したら解約費用を援助してもらって乗り換えればいいという行動になり、真剣に検討しないで店員や電話セールスや訪問販売の話に乗ってしまうのではないか。

全額補てんされるとは限らず自分の持ち出しの場合もあるだろう。全額補てん部分補てんどっちにしても時間とお金の無駄に思える。

☆★☆

キャッシュバックの原資を品質や料金の値下げに使ってほしい

営業費や販促費用として計上されているのだろうけど、そのお金を品質や料金の値下げの原資にしてほしい。

だからキャッシュバックはいらない。

☆★☆

長期利用すると料金が高いって変

最初のうちは客引きのために安くしておいて、契約を更新したら料金が上がるって変。

そんなことをしているから、安く使い続けるために契約更新の時に乗り換えるという浮気を煽ることになっているのではないか。

知人から乗り換えたって話を聞くと通信業界は浮気を煽ってるじゃんと思ってしまう。

新規獲得に躍起になる余りに既存のユーザーの流出を招いているなら本末転倒ではないか。

長く続けると安くなるなら続ける動機になるのに。

契約を長期継続するユーザーを優遇するんじゃなくて浮気を煽ってどうするの、やってることが逆でしょ。

尻軽浮気者が安く使えて貞節長期利用者が高いって何!

同じキャリアを20年以上(通信に不満はないしメルアド変えるの面倒、フリーメールは金融機関がNG、他ネットサービス利用でもキャリアメール必須やフリーメール禁止がある)、プロバイダは一回変えた後8年継続して使っているんだから月額を優待割引して!フンだ!

 

それではまた。